博多から足を延ばしたい「水郷柳川」のお堀めぐり

 

 

筑後川の河口、昔ながらの風情ある水郷柳川。かつて戦国時代に水の防壁として開発されたお堀ですが、江戸時代には用水路として人々の生活に深く根付き整備されました。現在はそんな柳川のお堀を「どんこ舟」に乗って巡ることができます。

お堀めぐり観光会社はいくつかありますが、大体1500円で約70分のコースが主流。駅の側から乗船し、柳川藩主 立花氏の別邸「御花」や北原白秋の生家の近くで下船するので、下船後は観光スポットを巡りながら帰って来れます。

川下りとも呼ばれるお堀めぐり。その魅力はまず、四季折々の風情。春は桜、初夏は花菖蒲や紫陽花、夏はひまわり、秋はコスモス・ススキ・紅葉の中を、そして冬には舟上にこたつが設置され温まりながら観光できます。船頭さんとおそろいの笠を借りることも出来るので日差しが強い日も安心。暑い日にも、柳など川岸の木陰を舟でくぐって行く時はとても気持ちが良いです。

そして柳川の美しい風景と共に心に残るのは、船頭さんの楽しいお話。柳川の歴史・自然や現在の人々の生活の様子、周辺の観光スポット、柳川出身の芸能人……等々、約70分たっぷりと、ユーモアを交えながら聞かせてくれます。柳川出身の詩人、北原白秋の童謡を歌ってくれることも。

途中には水上売店があり、お茶・ビールやアイスクリームなどを買って舟上で頂けます。狭い水路や低い橋の下を進むときは皆で姿勢を屈めてちょっとしたスリルを味わったり、岸からの記念撮影があったり(購入は自由)、船頭さんや他の乗客の皆さんと温かい雰囲気の中のんびりとした時間を過ごせます。

訪れる度に違った魅力を感じられる、柳川のお堀めぐり。博多から少々足を延ばして、水上の癒しの旅はいかがですか?

アクセス:
西鉄福岡(天神)駅より西鉄天神大牟田線特急で約45分、西鉄柳川駅下車。駅周辺(徒歩5~10分)に各社の乗船場がある。
営業時間:9時~日没(多少の雨天でも運行するが、荒天時は運休となるので要問合せ)

■お堀めぐり観光会社
  • 柳川観光開発(株):(0944)72-6177
  • (株)大東エンタープライズ:(0944)72-7900
  • 水郷柳川観光(株):(0944)73-4343
  • (有)城門観光: (0944)72-8647
  • 柳川リバー観光(株):(0944)75-5050
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。