大人が悪夢を見るのは、精神的不調が原因の可能性も

悪夢で眠れない

最近、眠るたびに悪夢を見てしまう……。心の問題が原因かもしれません。適切なストレス対策が有効です

科学的な真偽とは別に、夢が何らかの形で未来を予知したり反映したりするという考えは、古くからあったようです。例えば正月の初夢に富士山などが出てくれば縁起がよいと考えられていますし、逆にリアルな悪夢を見ると正夢なのではないか、不吉だと考える方も少なくないと思います。そして、なかには夢はほとんど見ないという言う人もいるでしょう。

そもそも怖い夢というものは、多くは子どもが見るものです。小さい子どもが母親に「お母さん、怖い夢を見たよ」と訴える事はよくあります。しかし、大人になれば夢自体をだんだん見なくなる傾向があり、悪夢もそう頻繁に見るものではなくなる傾向があります。もし突然悪夢にうなされるようになった場合、何らかの精神的不調を反映している可能性があります。

今回は、そうした人におすすめしたい心のケア方法、そして気を付けておきたい心の病気について解説します。

悪夢もよい夢もレム睡眠時に見るもの

睡眠は大まかにレム睡眠とノンレム睡眠の2つから成っています。レム睡眠とは、簡単に言えば体は休息を取っていても、脳はある程度覚醒している状態で、夢を見るのもこのレム睡眠中です。パートナーと同じ寝室で寝ている人は、相手がレム睡眠中に夢にうなされていたり、時には寝言を言ったりする事に気づくかもしれません。また、稀ではありますがいわゆる夢遊病のような状態で突然ベッドから起き上がり、そのままふらふら歩いて行ってしまうような事もレム睡眠時には起こり得ます。

そのほかレム睡眠中に起こる特徴的な生理的現象としては、眼球が上下あるいは左右に素早く動く事があります。そもそもレム睡眠のレム(REM)とは、「素早い眼球運動(rapid eye movement)」を略したものです。

一方、ノンレム睡眠のノン(non)とは、「○○ではない」という語で、ノンレム睡眠とは単純にレム睡眠以外の睡眠という意味合いです。このノンレム睡眠はレム睡眠より眠りが深い、つまり身体だけでなく、脳も充分、休息を取っている状態で、それを反映して脳波にはゆっくりした波形が多くなってきます。

通常、一回の睡眠中、レム睡眠とノンレム睡眠は交互に計4~5セット出現します。もしも目覚めた時、それまで見ていた夢をまざまざと覚えていたら、目覚める直前にレム睡眠だった事が分かります。

日常的なストレスが原因で見る悪夢

では悪夢を見る原因として何が考えられるでしょうか。レム睡眠時に、素敵な誰かと一緒に過ごしているような幸せな夢ではなく、震え上がるような悪夢が作り出されてしまう原因は何でしょう。大きな原因として考えられるのは、何と言っても日常生活上のストレスです。

近頃の社会環境は一昔前が牧歌的に思えてしまうほど厳しいものだと思います。多くの人が仕事や家庭で多すぎる仕事を抱え、人間関係でも何かしら厄介な問題を抱えているものです。忙しさから職場がギスギスしていたり、苦手な上司や同僚の声を聞いただけでイライラしてしまうという人も少なくないかもしれません。誰かに思いっきり愚痴をこぼして気持ちをすっきりさせたいところですが、あいにくそんな相手も時間もなく、仕事のノルマだけは増える一方……というのもよくある話です。

そのような日常的なストレスを抱えている場合、夜の睡眠は浅くなるだけでなく、眠りが浅いレム睡眠中に脳は本人の痛んだ心をなぐさめてくれず、なぜか悪夢を作り出してしまったりします。

例えば私自身の悪夢の経験で恐縮ですが、自分の車をどこへ停めたのか完全に忘れてしまい、まさか盗まれたのではないかとうろたえながら、ショッピングモールの巨大な駐車場をひたすら歩き回っているうちに、しまいには半ばパニック状態になっていた……などという過去の体験が思いがけず夢に出てきたりするのです。

震災や事故などのトラウマ体験・PTSDも悪夢の原因に 

もちろん悪夢を見たからと言って、その大部分は心の病気の症状ではありません。心の病気の患者さんが、「先生、昨晩とても怖い夢を見ました」と悪夢を症状として訴える事はしばしばありますが、それが心の病気自体と直接的に関連しているのかどうかは、実際には微妙な問題です。しかし心の病気の中には、確かに悪夢が特徴的な症状として出るものがあります。その代表的なものが「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」です。

PTSDは戦争や自然災害など、生死の狭間をさまよったような過酷な体験後、しばらく時期をおいてから現われてくる心的後遺症です。その特徴的な症状は、その恐怖体験が悪夢やフラッシュバックといった形でよみがえってくる事です。一般にPTSDから回復するためには精神科での治療が不可欠です。もしもその時の悪夢に何度もうなされるようになっていましたら是非、精神科(神経科)受診もご考慮ください。

悪夢を見ない方法……まずは眠りを深くする工夫が第一

一般的な悪夢対策として、まずは悪夢に限らず、夢自体が眠りが浅いレム睡眠中に見るという事に着目する必要があります。もしも全体的に眠りが深くなれば、脳は夢を作ったりなどせず、休息してくれるはずです。まずは質のよい深い睡眠がとれるように工夫したいところです。

ごく簡単なところからまず試したい手段として、枕を替えてみるなど、寝具や寝室環境を整える方法もありますが、私自身が特におすすめしたいのは運動、特に有酸素運動を行う事です。例えば電車通勤の方なら、ひと駅前で降りて早足で家まで帰ってみる、あるいはジムに寄って、しっかり汗を流す、さらには、パートナーのいる人は眠る前に2人でしっかり有酸素運動……など、個人個人に適した有酸素運動で快楽物質のエンドルフィンを脳内に分泌させ、いわゆるランナーズ・ハイを覚えればストレス発散になるだけでなく、体にも心地よい疲労感が残り、熟睡への手助けになるはずです。

もしも深刻な悩み事を抱えているような場合、それを心の中に秘めておくのは、心の健康にはよくありません。その苦悩は不合理なほど心の中で強まってしまう傾向があります。できれば誰か信頼できる人に話してみる事をおすすめします。それまで見落としていた解決策に気付く可能性があるだけでなく、その苦悩を心の外へ押し出す事で、心がずっと軽くなる効果がある事を、ぜひ頭に入れておいて下さい。

飲酒や服薬と悪夢の関係にも注意を

また、アルコールや中枢神経系に作用する治療薬を使用している方は要注意です。例えば「晩酌するとすぐ眠れる!」と、言う方もいらっしゃると思いますが、実は、アルコールは眠りの質を浅くしてしまう作用があります。悪夢に悩んでいる方は、アルコールは控えるのが望ましいです。また何かの治療薬を飲み始めてから悪夢を見始めたという人は、是非、その治療薬を処方された医師にご相談ください。

最後に、ぐっすり眠れるようにいろいろ工夫してみたものの、どうしても悪夢を見続けてしまう場合、「悪夢障害」と呼ばれる病気の可能性もあります。日常生活に支障をきたすほど、悪夢の症状が辛い方は、精神科(神経科)あるいは睡眠外来などでご相談される事をおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。