ワーキング・ホリデー
ワーキング・ホリデー制度を利用して年間1万人以上の日本人がオーストラリアに渡航する。
ワーキング・ホリデー制度は、二国間の協定に基づいて、日本国籍の日本に在住している18歳から30歳(一部の国は25歳)までの若者が、最長1年間(一部の国は2年間)、協定を結んでいる相手国でホリデーを楽しみながら、滞在期間中の資金を補うために働くことを認められた制度です。

若者だけに与えられた特別なビザ

ワーキング・ホリデービザは、観光ビザや学生ビザ、就労ビザと異なり、リーズナブルな費用で長期間の海外生活が経験できる、若者だけに与えられた特権とも言えるビザで、渡航者は語学を学んだり、旅をしたり、アルバイトをしたり、自分の意志で自由に考えて行動することができます。

国を変えれば利用できますが、各国とも一生に一度しか発給されないビザですし、国によっては発給数に制限がありますので、希望する方は早めに計画を立てて行動を起こすことが大切です。

なお、1980年にオーストラリアとの協定が結ばれて以来、対象国は現在までに、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港の11ヶ国・地域に広がり、毎年2万人以上の日本人がワーキング・ホリデー制度を利用して海外生活を楽しんでいます。中でもオーストラリアは最も人気が高く、年間1万人以上の日本人がオーストラリアに渡航しています。ちなみに、その次に人気の高い国はカナダです。

両国間の国際交流・相互理解を促進

ワーキング・ホリデー制度は両国が相互に若者を受け入れる制度ですので、日本人が海外に渡航するだけでなく、海外から日本にも毎年約5千人の外国人がこの制度を利用してやってきます。こうして相互に国際交流をすることで、国際的な視野を持った若者が育ち、両国間の相互理解が促進されることが期待されています。

帰国後の就職について

ワーキング・ホリデー制度を利用する方の多くは日本の仕事を辞めていきます。そのため、帰国後は就職活動をする方が多いですが、ただ海外体験をしたというだけでは再就職が難しいという現状もあります。そのため、海外滞在中にしっかりと語学力を身につけ、語学力を証明するテストを受けたり、将来働いてみたい業種や職種の仕事をして、その分野での海外経験をアピールすることが大切です。もちろん、それ以外には海外で培った行動力やチャレンジ精神もアピールポイントになるでしょう。