湯布院「亀の井別荘」の「鍵屋」で買う柚子こしょう

 

 

いまや全国区となった柚子こしょう。こしょうと言っても黒胡椒とかのことではなく、唐辛子のことを“こしょう”と言います。大分の家庭では長年親しまれている調味料で、何につけてもおいしくて、本当に重宝します。私はそうめんやうどん、豚汁、鶏肉や豚肉をシンプルに焼いたものなどに使うのが好き。かなり使用頻度が高いです。

柚子こしょうはデパートやみやげ物屋、物産館、道の駅など大分県内ならどこに行っても手に入るものです。でも、せっかくおみやげにするなら、おしゃれなものが喜ばれるのではないでしょうか?

ご紹介するのは湯布院のお宿御三家の一つ「亀の井別荘」が手がける食品やセレクトした品々が並ぶ「鍵屋」の「柚子こしょう 青」。100gで650円です。大分県産の青い柚子の皮と青唐辛子を使って作られています。ほかに、完熟した黄色い柚子と赤唐辛子を使う「柚子こしょう 赤」もあります。

食品やお菓子、ジャム、雑貨などセンスがいいものばかりが並ぶ「鍵屋」は湯布院土産探しにぴったりの場所です。

■鍵屋
住所:大分県由布市湯布院川上2633-1
Tel:0120-85-3308
営業時間:9:00~20:00
不定休
地図:Yahoo!地図情報
サイト:http://www.yufuin-kagiya.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。