定番はもちろん、知る人ぞ知るB級グルメにも注目

新潟のお土産は結構豊富ですけれど、この2点を。1つは「浪速屋製菓」の「柿の種」。もう1つは「バスセンターのカレー」です。

写真の左側が「バスセンターのカレー」、右側が「浪速屋製菓」の「柿の種」です(@万代シティーバスセンター内ファミリーマート)。

柿の種は複数のメーカーから各種発売されているのですが、わたしは「浪速屋製菓」の「柿の種」をイチ押ししたいです。

ビニールの袋入りの物もありますが、やはり「缶」に入っている物の方が趣があって、ド定番なお土産として若い方からご高齢の方にまで、幅広く受け入れられて頂けると思います。


そして、もう1つの「バスセンターのカレー」。こちらはB級グルメになるでしょうか……、1.5人前の分量が入っているレトルトのカレーです。

もともとは、新潟市内の中央にある「万代シティーバスセンター」にある立ち食いうどん・そば屋さん「万代そば」で提供されているカレーがすごくおいしいと評判だったことから商品化されました。

夕方過ぎぐらいに万代そばへ行くと、カレーは食べられないことばかり。わたしも何度も行きましたが、仕事帰りではまず無理で、実際に食べられたのは片手ほどしかありません。

でも、レトルトのカレーならいつでも買えます。

立ち食いのあの味を全部再現……とまではいきませんが、美味しいです。
そしてその名もズバリ「バスセンターのカレー」というネーミングは、お土産としてもインパクトがありますから、“ウケ狙い”で渡してあげるも良し、自分で楽しむのも良しではないでしょうか。

新潟にはおいしいお土産がいっぱいありますので悩むと思いますが、もし良かったら参考になさって下さい。

【柿の種】
・販売元
浪花屋製菓
・ホームページ
 http://www.naniwayaseika.co.jp/
・販売場所
お土産屋さんならたいていのところで扱っています。
※スーパーなどで買うと少し安かったりします。

・価格
柿の種進物缶36g×10袋入:1000円(オンラインショップ価格)
ほか大きさや包装いろいろ

【バスセンターのカレー】
・販売元
新潟交通商事
・ホームページ
http://www.crayonlife.com/
・販売場所
オンラインショップ
万代シティーバスセンター内ファミリーマート
有名お土産店
・価格
525円
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。