粘り強く「つなぐ」テニスの理論と実践

テニス初心者がラリーが続くようになるコツは、「つなぐ」テニスを目指すことです。中学では軟式テニスをしていましたが、高校からは硬式に転向しました。軟式と硬式では打ち方が違うので、今回は硬式について「理論」と「実践」の両面から考えてみました。

理論編

理論というよりは「心構え」です。ラリーを続けるには、以下のようなイメージを持つことが大切です。

■エースを狙わない
相手が反応できない速いショットをコーナーぎりぎりに決めてポイントを取る、というのは誰もがあこがれますが、初心者の場合はミスショットの確率が高まるだけです。まずはポイントを取ることより、ボールを相手のコートに返すことを考えてください。5割くらいの力で、相手のボールに逆らわず、同じコースにまっすぐ打ち返すのが基本です。

■相手のミスを待つ
粘り強く打ち返すうちに、相手がミスするのが最高の得点パターンだということを覚えておいてください。実際の試合でも、スーパーショットを連発して勝つ選手は稀で、大半はミスをしないで粘り強く「つなぐ」選手が勝っています。

実践編

ラリーを続けるには、以下のポイントに留意して練習してみてください。

■ラケットを押し出す
ラケットを振りぬくと、ラケットの角度が常に変化するため、面を作るのが難しくなります。よって、テイクバックからラケットを振り始め、ボールを打ち返したい方向にラケット面が向いたら、そのまま前に押し出すイメージを持ってください。また、ボールを積極的に「打ち返す」のではなく、あたかも自分が壁であるかのように、相手のボールの勢いを利用して「はね返す」イメージで打ってみてください。

■回り込まないで打つ
初心者の場合、バックハンドは打ちにくいため、フォアに回り込んで打つことがあります。しかしながら、回り込んでいるうちに時間的余裕がなくなってミスしたり、バックハンドが不得意であることを相手に読まれてバックを集中的に攻められる場合もあります。よって、基本的にバックに来たボールは回り込まないで、バックハンドで打つよう心がけてください。ミスを少なくするためには必要最小限の移動でボールの落下点に入る必要があり、そのためには、フォアハンドとバックハンドのいずれも同じように打てることが大切です。

後は練習あるのみですが、初心者のうちは、できればコーチについてもらって常にアドバイスをもらう方が速く上達するだけでなく、美しいフォームが身に付くと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。