戎橋にある! 隠れた大阪らしいスポット

p5

お笑いの殿堂、なんばグランド花月

日本橋からさらにもう少しがんばって歩きます。できれば、さまざまな調理器具やサンプルなどがそろう「道具屋筋商店街」を通ってみましょう。おもしろい掘り出し物が見つかるかもしれません。そして、そのまま真っ直ぐ通り抜けると、なんばグランド花月の前に出ます。さらに、千日前筋商店街を抜け、一気に「道頓堀」まで行くことができます。

 

p6

戎橋の欄干はお好み焼きのコテをイメージ

道頓堀では、グリコの大きな看板や『かに道楽』の動くかに、そしてあの「くいだおれ太郎」も健在です。そうした道頓堀の撮影スポットはもちろんのこと、戎橋にある欄干にもぜひご注目を。この欄干をよく見ると、お好み焼きをひっくり返す時などに使うコテの形をしています。何度も戎橋を通っていてもなかなか気づかないこのコテ、“粉もん”文化なお大阪らしいこだわりですね。

 
そして、新世界から歩いてそろそろお腹が空いてきた人向けに、道頓堀にはたこ焼き、お好み焼きなどの名店がたくさんあります。たこ焼きなら、大きめのたこ焼きが味わえる『道頓堀くくる』や、素材にとことんこだわった『道頓堀赤鬼』など。また、お好み焼きなら3代続く老舗で山芋焼が人気の『美津の』、たっぷりキャベツにフワフワ食感の『味の家』などが個人的なオススメです。
p7

道頓堀はお好み焼きやたこ焼きなど大阪を代表するグルメが集まるエリア

もし、まだそれほどお腹が空いてない、ちょっとおやつ感覚で食べたい程度なら『551蓬莱』の豚まん、『大寅』の練り物類などもテイクアウトして歩きながら食べることもできる、大阪ならではのオススメ商品。この道頓堀エリア、まさに現代版“天下の台所”です。

p8

船上クルーズ、お笑い、ショッピングなど大阪のミナミは見どころたくさん

さらに、道頓堀川を「とんぼりリバークルーズ」(約20分、中学生以上700円/小学生300円)で船に乗ってクルーズできます。定員20~40名の船が30分間隔で運航されています。川から眺める大阪は、“水都大阪”といわれるほどなかなか味わい深く、新たな発見ができるかもしれません。特に、道頓堀のネオンが輝く夜のクルーズはデートにもオススメです。

もちろん、「なんばグランド花月」で本場のお笑いを楽しむのもよし、心斎橋でショッピングを満喫するのもよし。観て、食べて、祈って、笑って、買い物して……まさに、なんでもありの大阪。今回ご紹介したルートならきっと満足度は高いはず。ぜひ一度お試しあれ!

<DATA>
通天閣 
住所:大阪市浪速区恵美須東1丁目18-6 
TEL:06-6641-9555
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし
アクセス:JR新今宮駅から徒歩10分、地下鉄恵美須町駅から徒歩3分、地下鉄動物園前駅から徒歩10分

新世界串かつ振興会
※ 加盟店の住所や営業時間等は各店舗にお問い合わせください

日本橋筋商店街 
住所:大阪市浪速区日本橋5-8-21 NTT日本橋ビル1階 (日本橋総合案内所)
TEL:06-6655-1717
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
アクセス:地下鉄・南海なんば駅から徒歩5分、地下鉄日本橋駅から徒歩5分、地下鉄恵美須町駅から徒歩3分

道頓堀商店会 
住所:大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビルB1階
TEL:06-6211-4542
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
アクセス:地下鉄なんば駅・心斎橋駅から徒歩5分、南海なんば駅から徒歩10分

戎橋筋商店街 
住所:大阪市中央区難波3丁目5-17 北極星ビル4階 (戎橋筋商店街振興組合)
TEL:06-6641-3362
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
アクセス:地下鉄なんば駅から徒歩すぐ、南海なんば駅から徒歩すぐ

とんぼりリバークルーズ
住所:大阪市中央区 太左衛門橋船着場
TEL:06-6441-0532
営業時間:(平日)13:00~21:00、毎時00分・30分に出航(17:00、17:30の便は運休)/(土日祝・繁忙日)11:00~21:00、毎時00分・30分に出航
定休日:不定休
アクセス:地下鉄なんば駅から徒歩5分、近鉄大阪難波駅から徒歩5分、南海なんば駅から徒歩10分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。