本屋大賞受賞作の映画化、主演は岡田准一と宮崎あおい

『天地明察』

『天地明察』のヒロイン、宮崎あおい

2012年の夏は、人気シリーズの最新作『BRAVE HEARTS 海猿』が大ヒット。ハリウッド映画を凌駕する勢いで、日本映画を活気づけてくれましたね。確かに夏にピッタリで、公開時期もドンピシャでした。しかし、秋は肉体を使うことより、しっとりと「夜空を見上げてみましょう!」という映画が公開されます。その映画のタイトルが『天地明察(てんちめいさつ)』。本屋大賞第一位となった冲方丁のベストセラーの映画化で、この秋、日本映画の話題作です。

主演は岡田准一と宮崎あおい。二人はお互い思いを寄せ合い、やがて夫婦になるカップルを演じます。巷では噂の二人のようですが、それも納得しそうになるほど、とても爽やかでお似合いです。でもこの映画、夫婦の愛の物語はサイドストーリー。メインは主人公である天文学者・安井算哲が日本初の暦を作りだす物語です。

『天地明察』

『天地明察』の佐藤隆太

舞台は江戸時代。算術と星の観察に夢中の安井算哲(岡田准一)は、徳川家の後見人に、新しい暦を作る計画を任されます。算術や天文の知識に加え、長年に渡り天体観測を続け、天体の動きを解明しなければなし得ないこの仕事。算哲は努力を重ねて失敗を繰り返しながら、少しずつ暦の謎に近づいて行きますが、暦は朝廷が利権を握っており、公家は新たな暦を握りつぶそうとして……。


 

新しい暦を作る天文学者と支える妻の清らかな愛

当時はまだ中国の都を中心にして作られた暦を使用していたそうで、経度差という認識がなかったため、どんどん時間がズレていってしまったそう。その原因がわからなかったため、そのまま継続されていた暦を、本作の主人公が経度差に気づき、新たな暦を作りだしたのです。と、書くと簡単だけど、当時の技術ではひたすら観測して測ってメモして、算出しての繰り返し。しかも経度差に気づいてないので、何度も失敗をする算哲。しかし、やはり何かを発見し、創り出す人の粘りはすごい。何年も諦めないで天体観測を続けるのです。

それを支えたのが、妻のえん(宮崎あおい)。でしゃばらず、でも、いつも側にいるという宮崎あおいの上品な存在感は、この映画の清涼剤です。何しろ暦作りに苦戦する算哲はボロボロで、演じる岡田准一は役に没頭しすぎたのか、後半かなりやつれてました。メークもあるでしょうが、何やら痩せて行く様子があり、役にかなり入り込んでいたのがわかります。それだけに、算哲がえんの存在に癒されるのはリアルに映ります。宮崎の爽やかな笑顔は周囲をホっとさせるのです。


算哲とえんの愛のセリフは感動的!

算哲とえん、映画の中で支え合っていた夫婦。最初は「噂の二人を拝見!」なんて、主演二人への色眼鏡気分もあったけど、そんな下世話な興味も吹っ飛ぶ、ピッタリのキャスティングでした。少しでもそんな気持ちなったことが、恥ずかしいと言うか……。
『天地明察』

『天地明察』でヒロインのえんを好演した宮崎あおい

彼ら夫婦がお互いに言う愛のセリフ「自分より先に死なないでください」という言葉は胸に響きます。おそらくこれは愛の名セリフとして残っていくのでは。夫婦間でのトラブルや事件が増えているから現代だからこそ、このセリフは胸に染みわたりました。

監督は滝田洋二郎。アカデミー外国映画賞を受賞した『おくりびと』の滝田監督です。奇をてらわない正攻法の演出、前半から徐々に加速して、後半はスリリングに盛り上げて行く。どんどんその世界に引き込まれていくような展開はさすがです。

映画にはベテラン監督の安定感があり、身を委ねて見ることができました。 『おくりびと』のように号泣する映画ではありませんが、いろいろ考えさせられる映画です。劇中登場する日食シーンなどは、今年2012年5月の金環日食を思い出しました。私たちの世界は江戸時代から大きく変化していきましたが、天体は変わらないのだなとも実感。人間って小さいなとも……。

『天地明察』

『天地明察』で名コンビだった岸部一徳と笹野高史

主人公の夢、どんな障害にあっても達成する粘り強さ、この映画には学び感じるべきものが多くつまっています。きっかけは「噂の二人を見る」でもいいです。でも見ればきっと算哲の諦めない強さや天体の持つ壮大な世界に見入ってしまうはずですよ。



 
『天地明察(てんちめいさつ)』

2012年9月15日(土)公開
(C)2012「天地明察」製作委員会
監督:滝田洋二郎
出演:岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、市川染五郎、笠原秀幸、染谷将太、きたろう、尾藤イサオ、徳井優、武藤敬司、中井貴一、松本幸四郎
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。