初期設定が簡単な無料通話アプリ「LINE」

最近、スマートフォンユーザーの間で人気が高まっている無料の通話&メッセージアプリの「LINE(ライン)」。タレントのベッキーさんが登場したCMで知った人も多いことでしょう。今年7月下旬、サービスが開始されてから、わずか1年少々で全世界の登録ユーザーが5500万人を超えた日本発のグローバルなサービスです。

ロゴ画像

日本発の無料通話アプリ「LINE」

LINEはユーザー同士なら、24時間いつでも、世界中のどこでも無料で通話やメッセージが楽しめます。iPhone、Androidスマートフォン、パソコンで利用できるほか、従来型の携帯電話、Windows Phone、BlackBerryでもメッセージのやり取りが可能です。

ただ、こういったサービスは、LINE以前にも「Skype」を始め複数ありました。それらを抑えてLINEがここまで人気になった理由として、いくつか考えられています。


すぐに使える簡単さ

まず、最初に行う利用登録が簡単だということ。他の無料通話サービスは、別途IDやパスワードが必要だったり、海外製のアプリの場合、認証が上手くいかなかったりということがありました。また、実際に知り合いとコミュニケーションするには相手のIDを知る必要があり、互いにサービスにログインしていないとコミュニケーションできないなど、すぐに使えないということもあります。

しかし、LINEは利用登録が非常に簡単。手順に従ってメニューをタッチしていくだけで済んでしまいます。また、登録が終わったときには、すでに端末内のアドレス帳からLINEを使っている「友だち」が抽出されているので、すぐにコミュニケーションすることができます。ログインという作業も必要ありません。
解説画像

携帯電話番号の認証登録を行い、アドレス帳をサーバーにアップします。指示に従ってタッチしていくだけで簡単に利用登録が行えます。


次のページでは、LINEが多くの人に使われる最大の理由を解説します。