■つるす
かばんや小物は床と天井で突っ張って固定できるネットにS字フックをかけてつるせる物は全部つるしてしまいます。
フックはいろいろな形を用意すると便利です。
ハンガーラックなどにかばんをかけてしまうとスペースがかなり限られてしまいますが、突っ張り式のネットだとバランスを考えてつるすと案外たくさんつるせます。
かばんだけではなく帽子やアクセサリー類、ベルトなどもつってしまいます。

インテリアの小物もつってしまいます。
壁に直接ピンで固定するのが簡単です。
壁に穴があけられない場合は突っ張り式の収納家具に透明の収納ケースやコルクボードを付けると便利です。

■服を散らかさない工夫をする
意外と散らかりがちになるのが服だと思います。
一度着たけれど洗濯するほどではないという服は「まだ着られる服の場所」を作ると便利です。
洗濯してある服とは別にしておきたいものなので、ハンガーラックとは別に、突っ張り式のネットにかけてしまってもいいし、ネットに100均とかで売っている柔らかいかごをつるしてそこに放り込んでいくといいと思います。

■とりあえず入れる場所を作る
片づけが苦手なら、とりあえず入れておく場所を作ってしまいます。
机の上に1つ、突っ張り式のネットにかごを1つ。
机の上なら文房具やダイレクトメール、かごなら出かける時に持っていくようなハンカチやティッシュ、かぎなどを入れておくと便利です。
とりあえず箱に入りきらなくなった時に中身を見て要らない物を処分すれば、毎日片付けていなくても簡単にすっきりして見えます。

■つるす場所を増やす
クローゼットのドアが隙間のあるタイプなら、カード用のリングを取り付けてつるす場所を増やせます。
カレンダーやカード類など軽い物ならつるしていても大丈夫です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。