綺麗に見せるとは少し違うかもしれませんが……。

営業事務をしていました。
電話応対から発注発送までをしていたので、どうしても仕事中は机の上が乱雑になりがちでした。そのときに気をつけていたのは以下のポイントです。

机を綺麗にするポイント

  • 地域別・顧客別の伝票を入れておくファイルは同じメーカー同じ大きさの物を揃えてファイル専用のワゴン(ファイルが斜めになるタイプ)を机の傍においていました。
  • 自作で「処理済」「未処理」「連絡待ち」「発注済」「発送済み」「トラック別」などの目印を厚紙で作って、それを大きなクリップにつけて、ファイルに入れられない伝票を纏めてから書類ケースに入れていました。
  • ペンなどの文房具の色を揃えていました。
  • 文房具は斜めになっているペン立てに入れて、すぐ取れるようにしていました。ホッチキスやはさみなども全部纏めて入れていました。

物の大きさや色を統一するだけでも綺麗に見えると思いますよ。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。