さっと干せて生乾きにならないアイテムを活用

外に洗濯物を干していて、生乾きになってしまう最大の原因は、洗濯物同士がくっついてしまうことです。
物干し竿は滑りやすいので、少し風が吹いただけでも洗濯物が固まってしまいます。

そこで洗濯物同士がくっついてしまわないように、竿にハンガー掛けをつけてしまいましょう。
写真のブルーのハンガー掛けは100円ストアで2個100円で買ったものです。
逆三角形の穴の部分にハンガーをかけて使います。

最初からハンガー掛けがついている物干し竿もありますが、取り外しができないので不便です。
あとから付けるタイプでしたら、ワンタッチで着脱ができるので便利ですよ。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。