【BEST1】カレ、夫、男友達

主演:真木よう子
2011年放映

■概要:
長女は夫、次女は彼、三女は男友達。三姉妹それぞれの恋愛と家族の絆を描いた作品。

■理由や好きなシーン:
三姉妹それぞれが魅力的でした。次女は好き勝手やっているように見えて物凄く正直で純粋。「だいすき」といって彼に抱きつくシーンなど、本当にかわいかったです。長女は真面目な旦那様と一見幸せそうな生活を送っていますが、DVの片鱗が見え初めてきます。頭にマヨネーズをかけられるシーンは衝撃的でした。それでもなお愛し続ける姿は悲しくもあり美しくもありました。三女は一風変わった子で、生物学的にメスであるなどと自分を客観視しています。男の人を好きになる感覚が欠けているのかもという感情は自分も経験した事があり共感しました。一見突拍子もない姉妹にも思えるのですが、何故かリアリティがありました。

【BEST2】29歳のクリスマス

主演:山口智子、仲村トオル
1994年放映

■概要:
恋人に振られ散々な29歳の誕生日から物語はスタート。振られた彼の結婚式で出会った御曹司との恋。女友達、男友達との3人での同居生活。3人の間の微妙な関係や友情。

■理由や好きなシーン:
3人同居も友人の為、やりがいのある仕事ははずされてしまう、と主人公は振り回されっぱなし。そんな中でも前向きな姿勢がかっこ良かったです。当時はこのような29歳を送れたらと憧れる気持ちで観ていました。好きな人とやっと結ばれたのに友人が心配で帰ってしまうシーンが好きです。帰ったらぐーすか寝てて(笑)。少し切ないけれど前向きなラストも良かったです。

【BEST3】彼女たちの結婚

主演:鈴木京香・内藤剛志
1997年放映

■概要:
マクドナルドで店長としてバリバリ働く主人公、結婚式で相手に逃げられてしまった女性、知り合って友人となった二人のそれぞれの恋愛の行方を描いた作品。

■理由や好きなシーン:
ベターハーフという言葉がロマンチックでした。お見合いパーティで一度会っただけの女性にあなたは私のベターハーフだ、と言い切る男性。一歩間違えば勘違いのストーカーですが、内藤剛志さんが演じたこの男性の一途さと誠実さが素敵でした。頑なだった女性の気持ちも徐々に傾いていきます。主人公がマクドナルドの店長から更に上を目指す設定も身近に感じられ良かったです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。