0~6歳くらいまでの髪の柔らかくて量の少ないお子さんにしか使えない方法ですが、その時期は散髪屋さんに連れて行っても良いのか悩む方も多いようですので自宅で切れる簡単な方法をお教えします。

必要なもの
  •  はさみ(子供の髪切り用だと安心)
  •  下にひくもの(新聞紙など)
  •  髪切り用ケープ(100円ショップなどにも売られています)
  1. 新聞紙などを広げて敷き、お子さんにケープをかぶせます。
  2. 髪の毛を少しつまんでねじり、毛先をはさみで切ります。
  3. つまむ場所を変えながら何度も繰り返していきます。

これだけです。とっても簡単にできると思います。

耳の後ろなどは耳を切ってしまうことのないよう十分に注意が必要です。また、前髪などは子供の髪を切るうえで一番のキーポイントとなりますので、つまむ量を少なくするor毛先を少しずつ切るなど慎重に行うことをオススメします。

ケープや新聞紙の用意ができないという場合は、乾いたお風呂場でお子さんを裸にして散髪すると手間が省けて良いかと思います。落ちた髪の毛を掃除機で吸い(もし吸い残しがあっても排水口に集まってくれますし)、お子さんをその後お風呂に入れてしまえば髪の毛が落ちてくる心配もなくなります。暖かい時期にささっとお風呂場で切ってしまうのが楽だと思います。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。