0~6歳くらいまでの髪の柔らかくて量の少ないお子さんにしか使えない方法ですが、その時期は散髪屋さんに連れて行っても良いのか悩む方も多いようですので自宅で切れる簡単な方法をお教えします。

必要なもの
  •  はさみ(子供の髪切り用だと安心)
  •  下にひくもの(新聞紙など)
  •  髪切り用ケープ(100円ショップなどにも売られています)
  1. 新聞紙などを広げて敷き、お子さんにケープをかぶせます。
  2. 髪の毛を少しつまんでねじり、毛先をはさみで切ります。
  3. つまむ場所を変えながら何度も繰り返していきます。

これだけです。とっても簡単にできると思います。

耳の後ろなどは耳を切ってしまうことのないよう十分に注意が必要です。また、前髪などは子供の髪を切るうえで一番のキーポイントとなりますので、つまむ量を少なくするor毛先を少しずつ切るなど慎重に行うことをオススメします。

ケープや新聞紙の用意ができないという場合は、乾いたお風呂場でお子さんを裸にして散髪すると手間が省けて良いかと思います。落ちた髪の毛を掃除機で吸い(もし吸い残しがあっても排水口に集まってくれますし)、お子さんをその後お風呂に入れてしまえば髪の毛が落ちてくる心配もなくなります。暖かい時期にささっとお風呂場で切ってしまうのが楽だと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。