室内用物干しで最短動線に

洗濯&脱衣場から外干し用ベタンダまでの天井部に、室内用物干しをとりつけてから、夜干しや花粉対策や梅雨時など部屋干しを余儀なくされる時にはとても便利になりました。

ハンガー干しをして乾くとそのまま、すぐ隣にあるウォークインクローゼットにつり下げるだけなので、「たたむ」という作業が大幅に減りました。

洗濯→干し→乾かし→吊るを最短動線にする事で、洗濯モノを溜め込む事がなくなりました。

室内で洗濯ものを干す時は湿気やカビ臭に注意が必要なので、 24h換気扇や扇風機を利用したリ、上下スライド式の採風ドアで隙間を作って風の通り道を作り、空気を常にいれかえられるようにして早く乾かす工夫をしています。

室内物干しは、外付けタイプで、天井の下地のある部分に2本ビス止めをしてカバーをとりつけていますので、見た目もスッキリしてスマートなデザインです。
以下商品説明です。
  • 460~640mm内で長さを3段階調整可能ですの天井高に合わせ手の届く高さに合わせる事ができます。
  • 天井を守るスプリング機能、ワンタッチ着脱機能付き。
  • 使用しないときはポールがはずせる着脱式です。
  • サイズ3種類、カラー2色の選択ができます
  • 耐荷重は約8kgなので、1回分のお洗濯物は干しきれます。

川口技研 ホスクリーン 室内物干し(天吊タイプ)SPC-W/SPC-M (2本組)
http://www.kawaguchigiken.co.jp/shitsuhoshi/index.html

採風ドア(トステム)
http://tostem.lixil.co.jp/lineup/door/katte/k_door/duo_1/

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。