100マスで5050円、150マスで1万円貯められる

小銭貯金が続かない理由は、「重さのわりに開けると貯まっていない」ことと「いくら貯まったのか数えにくい」ことにあるんじゃないかと思っています。

そこで、「100マス塗り絵貯金」をオススメします。あらかじめ目標金額を設定し、貯金箱を開けなくてもだいたいの貯蓄額を把握できるので、短気な私でも続けられました。

1. 白い紙に10マス×10マスのマス目を書く
2. マス目にそれぞれ「1」~「100」の数字を書き込んでいく
3. 貯金するたびに、小銭の金額と同じ数字を塗りつぶしていく。
たとえば、100円貯金したなら「100」のマス目1個、
あるいは合計で100になる「49」と「51」のマス目……といった感じ。

すべて塗りつぶした段階で5050円貯まります。目標金額を増やすときも、その分マス目の数を増やすだけでやり方は同じです。1万円目標なら「1」~「150」、2万円なら「1」~「200」、3万円なら「1」~「250」でだいたいその金額が貯まります。

マス目の代わりに魚の絵を描いてウロコの部分に数字を書いていったり、一色だけでなく色々な色で塗りつぶしていったりしていくと、それなりにアートな作品ができあがって面白いです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。