メインバンクとしておすすめな銀行は「大和ネクスト銀行」

大和ネクスト銀行は、本人名義ならどの金融機関の口座にも手数料無料で何度でも振込むことができる(ただし楽天銀行の本人名義口座は、振込み無料回数が月3回に制限される他人名義口座と同じ扱い)。そのうえ「資金お取り寄せサービス」を使えば、給与の振込先など、他の金融機関の本人名義口座から毎月一定額(1万円以上1000円単位で自由に設定可能)を口座振替の形で自動的に取り寄せることができます(もちろん手数料無料)。

どの銀行も、決して完全無欠ではありません。一部のネットバンクは、振込み手数料が無料になったり、コンビニのATMから土日・夜間も手数料無料で引き出せたりと、いろいろ便利でお得ですが、公共料金や税金の支払い、年金の受け取りなどには対応していません。そうした面では、地元の地方銀行などのほうが有利です。結局、どの銀行も一長一短あるので、用途に応じて複数使い分けるのがベストといえるでしょう。

複数の口座を使い分けるには、給与の振込み先などから資金を配分しなければなりません。振込みだと手数料がかかるので、なるべく平日にATMを使って引き出し、他の口座に入金し直すわけですが、けっこう面倒くさくて、まだ大丈夫、そのうちやろう、と思っているうちに残高がなくなってたりします。

でも、大和ネクスト銀行を給与振込み先にすれば、ネットでいつでも手数料無料で、自由自在に資金配分することが可能です。会社から給与振込み先を指定されていて変えられない場合などでも、「資金お取り寄せサービス」を使えば、口座振替で資金を取り寄せることができるので、ATMに足を運ぶ必要はありませんし、忘れる心配もありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。