地震に強いマンションとは

阪神淡路大震災や東日本大震災など、近年の大地震で被害にあった建物の多くは古い木造家屋でした。そのことから「マンションなら安心だ」と思った人が多いかもしれません。
 
大地震でも無傷のマンションとそうでないマンションはどこが違うのでしょうか

無傷のマンションとそうでないマンションはどこが違うのでしょうか

しかし、全てのマンションが無傷だったわけではなく、倒壊・崩壊はしなかったけれども損傷が大きく一時避難を余儀なくされたり、住み続けることが困難になり解体せざるを得ないケースも出ています。今回は倒壊・崩壊しないことはもちろん「大地震時でも被害が少ないマンション」の条件をピックアップします。

 

倒壊・崩壊しない基準:新耐震基準

「建物が倒壊・崩壊しない」ということは、命を守るために最低限必要な耐震性能です。この最低限必要な耐震性の有無は建設年度から把握することができます。大きな分かれ目は「1981年5月」となります。それ以降に確認申請を受けた「新耐震基準」のマンションなら、基本的に大地震でも倒壊・崩壊しない耐震性を持ち、命は守られるとされています。

しかし、新耐震基準で造られているマンションでも、大地震で受けるダメージは建物ごとに異なります。Aの建物は住むのに支障がない程度で済んだのに、隣に建つBの建物は壁に大きなヒビが入り大がかりな補修工事が必要になってしまった、という風に。その違いはどこからくるのでしょうか。いくつか条件を挙げてみましょう。

 

低層で壁式構造のマンション

一般的に低層マンションで採用されることの多い壁式構造は、高い耐震性があるとされています。その理由は「壁の量が多い」から。壁式構造とは壁そのもので建物全体を支える構造形式です。壁の厚さが厚く、開口部もあまり大きく取れません。その特徴が地震に対して有効に働いてくれるのです。
 
低層マンションは壁式構造になっていることが多い。例えば5階建て以下の団地も多くが壁式構造だ。

5階建て以下の団地も多くが壁式構造になっている。



社団法人高層住宅管理業協会が発表した「東日本大震災の被災状況について」【表1】でも「壁式構造」と「その他の構造物」とを比較すると壁式構造の被害が比較的小さかったことがわかります。
【表1】 構造形式別被災状況(東北6県+関東1都6県)出典:一般社団法人マンション管理業協会

【表1】 構造形式別被災状況(東北6県+関東1都6県)出典:一般社団法人マンション管理業協会


それでは次に「地盤」「建物の形状」「経年劣化」と耐震性の関係を見ていきます。
 

どんな地盤に建っているか

東日本大震災では液状化現象が原因でマンションが破損したケースが報告されました。液状化現象とは、もともと地下水位が高い地盤において、地震の揺れによって水が上がってきて液体化する現象をいい、足元からぐらつき建物が傾くなどの被害が生じます。

このように液状化しやすい地盤に建っていることも含め、大きな地震の発生で、比較的新しく新耐震基準で建てられたにも関わらず大きく損傷しているマンション、周囲のマンションはほぼ無傷なのにそこだけ損傷の激しいマンションなどは、そのマンションの地盤に原因がある可能性があります。

大切な家族の命を守るため、そしてマンションという資産を守るためにも、購入前にはぜひそのマンションがどのような地盤に建っているかを確認してください。液状化の可能性や地盤の揺れやすさなどは、各自治体がインターネットで公表しています。また、自治体の建築課で調べることができます。

 

建物形状はシンプルか?

次に耐震性と建物形状の関係を見てみましょう。建物はシンプルな形であるほど地震に有利です。平面的にも立面的にも凹凸が少ない箱型が理想的です。

例えば【図1】のように平面的に雁行している場合、つなぎ目部分に力が集中しその部分が破損するケースが報告されています。立面的には例えば階高が不揃いな形(【図2】)は弱いとされています。
【図1】平面形のずれundefinedundefined【図2】立面形のずれ

【図1】平面形のずれ  【図2】立面形のずれ


 

経年劣化への対応

建物は建ったその時から劣化が始まっています。例えば経年劣化でコンクリートにひび割れが生じた場合、放置すれば内部まで水がしみてコンクリートの中の鉄筋が錆び、地震が起きたときに、建物が踏ん張れなくなってしまいます。

建物は竣工したその時から劣化が始まります。地震に強いマンションの条件の一つは、適切な時期に適切なメンテナンスをしていくことです。適切なメンテナンスは耐震性の維持だけでなく、建物寿命にも大きな影響を与えます。

以上、地震に強いマンションの条件の項目をピックアップいたしました。今後は「地震に強いマンションの条件」について、一つ一つの項目をさらに掘り下げて取り上げていきます。


【関連サイト】
一般社団法人マンション管理業協会

【関連記事】
地震に強いマンション(1)建設時期
地震に強いマンション(2)構造形式・階数
地震に強いマンション(3)平面形状
地震に強いマンション(4)立面形状
ピロティ形式のマンションが地震に弱い理由
地震に強いマンション(6)壁の配置バランス
地震に強いマンション(7)経年劣化
地震に強いマンション(8)混用構造
地震に強いマンション(9)耐震診断の手続き
地震に強いマンション(10)耐震補強の例
地震に強いマンション(11)耐震診断フローチャート
---
関東の液状化マップ集 軟弱地盤、埋立地は要注意
住宅の耐震性を決める3大要素は「建物・地盤・施工」
新しい家ほど耐震性は高い?耐震基準の変遷
過去の大地震にみるマンションの耐震性能
あなたのマンション、地震に耐えられる?
RC造や壁式構造…マンション構造の違いと分類
住まいの耐震性って本当に必要なの?


Copyright(c)2018 住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所 All rights reserved.
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。