知っておくと便利な、Excelのショートカットキー

EXCEL

 

どれも、仕事でExcelを利用される方向けかと思います。マウスでの操作より格段に効率が上がります。

Ctrl+Tab

複数のBookを起動しているときに、Bookの切り替えを行えるショートカットです。Alt+Tabですと、他のフォルダやアプリケーションも含めて切り替えますがCtrl+TabだとExcelのBookだけを切り替えてくれるので、複数のBookにわたって作業しなくてはいけない場合にとても重宝します。これだけで作業効率が変わってくると思いますよ。

Ctrl+w

現在アクティブな(表示させている)Bookのみを終了させるショートカットです。たくさんのBookを開きっぱなしだと作業効率が落ちるので、サッと該当Bookのみ終了できるこのコマンドはとても便利です。

Ctrl+Shift+矢印キー

現在選択しているセルから、連続してデータが入力されているセルを(つまり空白セルの手前までを)一括して選択するショートカットです。これはCtrl+C(コピー)、Ctrl+X(切り取り)、Ctrl+v等と組み合わせて利用すると非常に効率よく作業が出来るようになります。

Ctrl+Shift+矢印キーで、一定の範囲を選択、Ctrl+Xで一括切り取り、別の場所にCtrl+vで貼り付けなどにもおすすめ。

Ctrl+homeキー

アクティブなセルをA1セル(一番左上にあるセル)に移動させることが出来ます。保存時にExcelはアクティブなセルまで記憶して保存してしまいますので、上司やお客様にExcelを見てもらうときは、A1セルに移動してから保存した方が「丁寧な仕事をしている」と思われるはずです。保存する前のお作法として実施してみてはいかがでしょうか。

Ctrl+"-"(マイナス)キー

選択したセルを削除して、詰めることが出来ます。一行丸ごと削除する事もできますし、セル1つ分だけを削除し左または上に詰める(シフトする)事ができます。ただし日本語入力モードでは利用できないので、半角入力モードにしてから利用してください。

また、セルの挿入はCtrl+"+"です。こちらも便利です。

お役に立てれば幸いです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。