不要な本が整理できるブックオフの自宅集荷

みなさんの中で、「本が捨てられない人」っておられますよね?
私も、その一人で、なかなか本だけは、捨てられないタイプなのですが、80%は読み返している頻度は少ないものばかりです。 

実は、先月、私は本の在庫整理強化月間でした。 本を捨てるために何をしているかといいますと、簡単ですが、ブックオフの自宅集荷を利用しています。

もう先に、冊数と集荷日時を決めてしまいます。 それにあわせて、用意したダンボールに少しずつ詰めていきます。

この方法のいいところは、
1. 小額ですが、お金になる。
2. 期限と量を決めてあるので、「せざるをえない状況」により、本の処分の実現度が高い。
3. 自分は飽きても、他の誰かの人に読んでもらうことが、本にとっても循環してエコにもつながる。

時期的に、この1~2月は、ブックオフの買取額アップ時期のようです。 毎年、この時期には、まとまった数の本やCDを買い取りしてもらっています。

本棚のスペースも限りがあるので、まず、予約で、買取の量と集荷の日を決めてしまうと、意外と処分できるます。 

一度やってみてください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。