秋にオススメのミニバラの育て方のコツ

ミニバラです。花の盛りは春と秋の年2回。写真は9月に撮ったもので、ベランダで鉢植えにしています。

苗は土がほぐれないよう慎重にポットから出して、そのまま植えたほうが良いです。二本の苗のうち土を変えようとしてほぐしたほうの苗は、たちまち元気がなくなってしまいました。まあ、結局そのうち復活しましたけど。

肥料や土にそんなに気を使う必要はありませんし、剪定も冬にバッサリ切るだけで、良いと思いますが、水やりを欠かさないことと、葉や花を食う虫に注意が必要です。とくに秋には夜にだけ来る虫がいて、昼間なんともなかったのに、次の日の朝見たら、花のつぼみが半分がたかじられていたことがありました。農薬などは使わない主義なので、わたしは大き目のダンボール箱を切って枠だけの立方体を作り、それに網戸の網を張ったものを夜かぶせて虫除けにしています。この虫除けがいるのは秋の夜だけで、それ以外はかぶせなくても大丈夫です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。