1位は角瓶、バランタイン、ジャックダニエル

角瓶

「角瓶」

前回の記事『シングルモルト・ランキング/最新2011』で、シングルモルトの国内販売数量についてお伝えした。今回は売れ筋ウイスキーとでも言おうか、主要ウイスキーの昨年度、国内販売数量ランキングを紹介しよう。
主要、と言ったのは、実はウイスキー産業を支えているのはブレンデッドウイスキーである。シングルモルトウイスキーの販売数量は10%に満たない。
ではブレンデッドの国内販売数量はどんなものか。ジャパニーズと輸入ウイスキーのスコッチ、アメリカンの上位をお伝えする。

[2011年度ジャパニーズウイスキー販売数量上位]
  ブランド 販売数量
1. 角瓶 2,620,000
2. ブラックニッカクリア 1,970,000
3. トリスブラック 730,000
4. トリスエクストラ 610,000
5. レッド 540,000

バランタイン ファイネスト

「バランタイン ファイネスト」

[2011年度スコッチウイスキー販売数量上位]
  ブランド 販売数量
1. バランタイン 166,000
2. シーバスリーガル 145,000
3. ホワイトホース 118,800

[2011年度アメリカンウイスキー販売数量上位]
  ブランド 販売数量
1. ジャックダニエル 186,000
2. フォアローゼズ 165,500
3. アーリータイムズ 160,000
*数字はC/S(700ml×12本換算)
*広報発表および業界誌紙の発表数字を基に推計
*スコッチはスタンダードクラスとプレミアムクラスの合計

まず驚かれるのがシングルモルトの販売数量との桁の違いだろう。
国内でいちばん飲まれているシングルモルトウイスキーの山崎ブランドが170,000ケースで、輸入ウイスキー上位の数字と同じくらい。ただしシングルモルトの2位がザ・マッカランで49,000ケースだから、その差を理解いただけるだろう。

ジャックダニエル

「ジャックダニエル」

さて日本でいちばん飲まれている角瓶は、震災や出荷調整により一時の300万ケース超よりも数字は下がっているが、根強い人気に変わりはない。
国産ウイスキーの上位はスタンダードクラスと呼ばれる大衆ウイスキー。この数字を見れば、業務店から家庭まで幅広く飲まれるスタンダードものがしっかりと支えているからこそ技術革新への研究開発ができ、長期熟成プレミアムウイスキーを生むための息の長い仕事ができることを理解できるはず。
スコッチのブレンデッドにしても、1位のバランタインにはバランタインファイネストというしっかりとしたベースがあるからこそ、その上の12年、そしてプレミアムの17年、21年、さらには30年が輝きを放つのだ。
また角ハイボール人気によって他のブランドも恩恵を受けている。角瓶はウイスキー消費量の底上げに多大な貢献をしているといえる。
とにかく、スタンダードだろうがプレミアムだろうが、ブレンデッドだろうがシングルモルトだろうが、ウイスキーを愛し、飲みつづけていただきたい。

関連記事

シングルモルト・ランキング/最新2011
シングルモルトウイスキー山崎/白州新発
新山崎/新白州テイスティングノート
シングルモルト・ランキング2009
最新のシングルモルト・ランキング10
真実のシングルモルト・ランキング
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。