後悔しないガン保険選びのポイント1  
通院治療にどう対応する?

今後もガンの治療は通院のみで行うケースが増えてくると思われます。ですから、通院費用対策が必要になります。その方法は2つです。

1つは通院のみでも給付金がもらえるガン保険を選ぶこと。そして、もう1つは診断・入院一時金が充実したガン保険を選び、まとまったお金で通院に備えることです。

新型のガン保険は通院保障を重視した商品(通院のみ、1日以上の入院後の通院で入院と同額の給付金が受け取れる)と、まとまったお金が充実した商品に分けられます。ニーズに合うタイプの商品を選びましょう。

後悔しないガン保険選びのポイント2
先進医療の保障はどうする?

ガンの診断・治療技術は、これからもどんどん新しいものが開発されていき、当初は先進医療として患者に提供されると思われます。もしも高額な先進医療が身体に負担が少なく有効だと進められたとき、お金がないという理由で受けない選択をするのは、患者本人にとっても家族にとっても悔いを残す可能性があります。ですから、先進医療を受ける確率は低くても保障はつけておきたいものです。

新型のガン保険には、先進医療の保障がセットされている商品がほとんどです。通算限度額は1000万円、2000万円の商品がありますが、1000万円あればいいでしょう。なお、先進医療の保障は、最近の医療保険にもセットされているケースが大半で、ガンで治療を受けた場合は、通常の医療保険からも給付があります。ただ、医療保険とガン保険に重複してつけておく必要はないので、どちらか一方に絞りましょう(同じ会社の商品では、どちらか一方しかつけられません)。

後悔しないガン保険選びのポイント3
保障期間は終身がキホン

ガンにかかるリスクは高齢になるほど高くなるので、保障期間は終身が基本です。しかし、ガンにかかってお金で困るのは、むしろ子どもの育ち盛りなどの若い時期です。このため、10年更新型で、最初はガン入院日額4万円などの大きな保障にし、更新ごとに入院日額を下げていき保険料アップを抑えるという考え方もあります。


次のページでは診断一時金が充実したガン保険を紹介します!

取材・文/小川千尋(ファイナンシャル・プランナー)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。