水濡れ原因調査費用のポイントは?

水濡れ原因調査費用のポイントは?

その際に火災保険に必要になるのが、水濡れ原因調査費用保険金です。この補償の必要性はどの程度かというとマンションでは必須と考えておいた方がいいででしょう。水漏れ事故の際、一番困るのは当然被害を直接受けている人です。

原因が分からなければ火災保険に加入していても損害保険会社も保険金を支払いようがありません。また誰の責任か分からないのに上階の居住者に賠償を求めるわけにもいきません。その場合、原因調査が必要になりますが、当然費用がかかります。

また一番最後の雨漏りや吹き込みなどの場合はそもそも火災保険では保険金の支払い対象外の事案となりますが、原因を特定するための原因調査費用は支払われます。


水濡れ原因調査費用と火災保険

この補償はマンション管理組合が共用部分に対して加入する火災保険に付帯することが一般的です。損害保険会社側も補償の付帯を勧めてくるケースがほとんどだと思いますが、既存の補償内容は確認しておくようにしましょう。

マンション管理組合で加入する火災保険は長期の場合でも10年程度までのものが多いと思いますが、それ以上の期間になっているなら尚更よく確認するようにしてください。

経過年月が長いほど管理組合の火災保険も古いタイプのものが多くなります。またマンションそのものも古くなるほど水漏れ事故も増えてくることが予想されます。

注意点を挙げておくならこの水漏れ原因調査費用保険金は無制限に支払いになるものではありません。1回の事故や同一契約年度ごとに金額の制限があったりしますのでこの点は覚えておきましょう。

水漏れ(漏水)事故発生の際には、被害を受けている当事者はもちろんマンション管理組合や管理会社、保険会社なども含めて原因調査を迅速に進めることが非常に重要になります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。