地元なんですが、墨田区向島から浅草まで歩く散歩コースをおすすめします。

スカイツリーばかり目立っていますが、百人一首 在原業平の「名にしおはばいざこと問はん都鳥 我が思ふ人はありやなしやと」から名前が取られた業平橋や、徳川吉宗が江戸庶民の娯楽のために上たとい言われる隅田川沿いの桜があり、向島はいまもお茶やさんがあり、桜祭りでも芸者さんや半玉さん(下唇しか紅を塗っていない、見習いさん)がお茶と団子をふるまいますよ。

まずは東武曳舟駅で降りて、今流行のスカイツリーを眺めながら隅田川方向に向かいます。

きび団子の「吉備子屋」、「向じま 志”満ん草餅」、「言問団子(ことといだんご)」、「長命寺の桜餅」、「麩澤の麩饅頭」などがあります。きび団子は浅草に行ってからでも仲見世にあるので、あとに回してもいいでしょう。

桜橋という歩行者専用橋を通って、浅草へ。平成中村座跡を通って、今戸神社は近年パワースポットとして有名になりました。神社で合コンのようなものをやっている神社です。

浅草寺裏の「徳太郎」のきんつばも有名です。「伝法院通り楓」、「舟和」のいも羊羹やあんこだまも団子の仲間?

なんて載せたところも、浅草松屋に行けば結構制覇できちゃいますが、それぞれのお店で風情を味わいながら買い食いして、お散歩するのも春の日にはいいですよ。桜もあなたを待っているかも。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。