F値が小さく、ISO感度が高いものを

どこのメーカーのものでもいいのですが、F値が最近のデジカメではf2.0とかそれくらいのがありますので、そういうものを選んでください。

あとは、一昔前まではコンデジというとオートとかシーンとか、いろんなモードがあって、自動で露光やシャッタースピードを決めてくれるものが主流でした。あとはISO感度でなんとかするというのが定石だったのですが、これに関しても、最近のコンデジはISO1600とかそれ以上まで、実用に耐えうるレベルみたいですね。

私はかなり前に買ったコンデジで撮影していますが、こいつは当時として少し値が張ったので、フルマニュアル操作でも撮影することができて、それで暗い場所にもなんとか対応している感じですね。

外で撮影する際には、いくら暗いとは言え、ISO感度を考えることはほとんどないでしょう。オートで撮ってもいいし、慣れてきたらマニュアルで撮って、いろいろ試してみるといいと思います。

問題は室内です。部屋撮りでは、やはりコンデジはキツい。マニュアルで撮るのですが、私のコンデジではISO800が限度。それ以上だとノイズがひどくて見るにたえません。露光とシャッタースピードを、写真そのものができる限り明るく映るように設定して撮っています。

まとめると、
  • 機能面:F値の小さいレンズがついているもの、ISO感度の高く設定できるものを選ぶ
  • 操作面:細かい設定まで自分でいじれるものを選ぶ
以上でしょうか。

ただ、そうなると多少は値段が張ってきます。あくまでコンデジでいくか、それとも値段的にそんなに変わらないミラーレスに手を出してみるか、その辺りはご自分で(笑)。

一応、下では富士フィルムのカメラを挙げてみました。上のX10がコンデジ、X-Pro1がミラーレスになります。難しい選択ですね(笑)。

 

 





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。