女性らしいバストは憧れ

女性らしいバストは憧れ

薄着の季節が近づいてくると、服装の露出度も高くなりますよね。そうなると、気になるのがバスト! 露出の高い服もかっこよく着こなすために、女性らしいバストを手に入れておきたいもの。とは言っても、エステに通う時間もないし、自宅でマッサージやエクササイズを続けてもなかなか思うようにバストアップできない……。そんな悩みを抱える方も多いのではないでしょうか? 

そこで今回は、理想のバストに近づくための“バストアップする食べ物”についてご紹介します。

あのバストアップ成分の効き目は?

バストアップ効果の成分と言えば、『プエラリア』や『大豆イソフラボン』『ざくろ』などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 実際に発売されているバストアップサプリメントなどを見ても、これらの成分が配合されているケースが少なくありません。

この3つに共通して言えることは、「女性ホルモン作用をもつ」ということ。確かに、その効果としてバストアップも期待できます。ただし、逆に本来持っている女性ホルモンの働きや代謝が悪くなり、結果的に不妊症などの危険を招くことも。そういった意味からも、主にサプリメントから摂取するケースが多いプエラリアにも十分に注意し、大豆イソフラボンやざくろも、なるべく食品から摂るようにして過剰摂取には気をつけましょう。


から揚げやキャベツにはバストアップ効果がある?

1

から揚げの食べ過ぎは単に肥満を招くもと!

「から揚げを食べるとバストに良い」「キャベツを毎日食べていたアイドルがバストアップした」など、よく耳にする都市伝説。実際のところは、効果があるのでしょうか?

バストは脂肪で出来ているので、から揚げなどの揚げ物や高カロリーな食事を食べていれば、確かにバストが大きくなることもあり得るでしょう。しかし、それではバスト以外の部分にも脂肪がつくことは必至です。そういう意味では、から揚げは完璧なバストアップ効果のある食べ物とは言えません。

そして、もうひとつのキャベツについて。実は、こちらはれっきとした根拠があるのです。それは、キャベツに含まれる『ボロン』という成分。女性ホルモンのひとつ、エストロゲンを活性化する作用があると言われています。ただし、キャベツを毎日大量に食べるのは至難の業。サプリメントで摂るのがオススメですが、まずは身体の土台をつくり、バストアップに有効な成分を摂った上でのサポート的な位置付けでの摂取が良いでしょう。


バストアップを目指す!栄養チェック

1

バストアップは規則正しい食生活から!

では、早速バストアップに有効な食べ物をご紹介します。その前に、まずは栄養チェックから始めましょう!

□ タバコをよく吸う → ビタミンC不足かも?
□ 大豆製品が好きではない → たんぱく質不足かも?
□ 野菜不足と感じている → ビタミンA不足かも?
□ 週に数回ファーストフードを食べている → 栄養が偏っているかも?
□ 朝ごはんは食べないことが多い → 栄養不足かも!?

上記の項目にチェックが付く方は、特に注意して足りない成分を摂取するように心がけてください。

では早速、次ページでは「バストアップにオススメの栄養素」を紹介します!