日陰の存在から、スポットライトを浴びた食物繊維

野菜,果物,キノコ,海藻,食物繊維

野菜や果物、キノコ、海藻等の植物性食品に食物繊維は多く含まれています。

そもそも食物繊維は、五大栄養素のようにエネルギー源になったり、また様々な生命活動を潤滑に行うために関わっているビタミン、ミネラルとは異なり、役に立たない存在と考えられていました。

しかし、1970年代頃から食物繊維は、健康維持や疾病予防に関する効果があることが明らかにされ、「第6の栄養素」として注目されてきました。

当時食物繊維の定義は、「植物細胞壁成分で、人間の消化酵素により加水分解されずに残るもの」とされ、その範囲は植物細胞壁を構成しているセルロース・ヘミセルロース・リグニンなどといった植物性の非デンプン性多糖類、ガム質、粘質物、ペクチンなどの多糖類とみられていました。
 
実は、新たな研究などが進んでいることもあり「食物繊維」の定義はいまだ確立されているわけではないのです。食物繊維の分類も、一般的に私たちは、水溶性と不溶性に分けていますが、他にも植物起源・動物起源・微生物起源、天然物・人工合成物・化学修飾物などがあります。


広がる食物繊維の範囲

現在厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2010年版)では、「食物繊維」は「炭水化物」の一部として、次のようにまとめられています。
栄養学的な側面からの炭水化物のもっとも重要な役割はエネルギー源としてのものである。
一方、炭水化物の一部ではあるものの、食物繊維は、エネルギー源としてではなく、それ以外の生理的機能による生活習慣病との関連が注目されている。食物繊維という名称は生理的な特性を重視した分類法によるものであり、上記の分類とは必ずしも一致しない。
しかも、食物繊維の定義は国内外また組織間で少しずつ異なっている。しかしながら、共通している特徴は、小腸で消化できないことである。必ずしも正確ではないが、通常の食品だけを摂取している状態では、摂取される食物繊維のほとんどが非でんぷん性多糖類であると考えてよいであろう。
消化しにくい成分として、以前から知られている植物性の非デンプン性多糖類の他に、オリゴ糖や、動物性であるキチン(エビ・カニなどの甲殻類)やコンドロイチンなどがあります。

また、デンプンなどを湿熱加熱処理することにより、その一部が消化酵素のアミラーゼに抵抗し難消化性となったものがレジスタントスターチ。さらにこれまでは食物繊維は難消化性の糖質と考えられていましたが、そばや大豆などに由来するタンパク質のなかにも難消化性のレジスタントプロテインが存在することも注目されています。

他にもフルクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などの難消化性オリゴ糖、ソルビトール、マルチトールなどの糖アルコール、ポリデキストロース、難消化性デキストリンは、人工合成あるいは化学修飾物として開発された、食物繊維と類似作用がある成分です。