チェリーボンボン

中田ヤスタカプロデュースということで、一応レンタルで(笑)『もしもし原宿』を聴きました。明確にcapsuleとかPerfumeとは違う音でしたね。

ただ意外だったのは、歌詞もヤスタカが書いているということでした。本人が書いてるんだろうな、と思ってたんで。

「チェリーボンボン」は、そのミニ・アルバムの2曲目です。どことなく70年代後半~80年代の音というか、EW&Fっぽいというか、1番BPMも高いし、詞も彼女のイメージによく合っていると思ったので。

全般的に所謂Auto-Tune(Perfumeとかcapsuleで聴けるヴォーカル処理というかエフェクト、ケロケロ声ですね)は割に控えめで、本来の「補正」の役目になってますね。そういう意味では、聴きやすいアルバムなのかな、と思いました。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。