文書作成に便利なWordのショートカットキー

Word

Word

Word固有のショートカットで、私が利用頻度の高い順にご紹介します。

  1. Ctrl+F2
    印刷プレビューが簡単に表示できるショートカットです。印刷状態をチェックするのに重宝します。
  2. Ctrl+Enter
    改ページが簡単に行えるショートカットです。文書途中で意図しない箇所で改ページされてしまうのを防ぐため、任意の場所で改ページを挿入します。
  3. Ctrl+{または}
    フォントを1ポイント拡大または縮小するショートカットです。強調したい時や、脚注など本文より少し小さめのフォントサイズにしたいときなどに重宝します。
  4. Ctrl+HOMEまたはEND
    文書の先頭または最後に移動するショートカットです。本文を校正後、目次ページに戻って修正したいときなどには欠かせないコマンドです。
  5. Ctrl+Shift+G
    ページ数、文字数などの統計情報を表示するショートカットです。文字にスペースを含む/含まない場合もカウントしてくれますので、テキストのみで草稿する際に重宝します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。