短編イラスト入りシリーズがおすすめ!

村上春樹さんといえば『ノルウェーの森』が有名ですが、それより前の時代の方が、本来の村上ワールドらしさ、村上さん個人の面白さが出ています。

村上春樹ワールドに登場するキャラを知るには、最初の3冊あたりを読むのがおすすめですが、私は短編のイラスト入りのシリーズが大好きです。

村上春樹さんは、イラストレーターの安西水丸さんと組んでお仕事をされていたことが多く、二人で作った本がたくさんあります。文章とイラストがとってもマッチしていて、読んでいて楽しいです。

おすすめは、『ランゲルハンス島の午後』『村上朝日堂』です。

「ランゲルハンス島」というのは、人間のすい臓にある細胞。ネーミングが面白い。

『村上朝日堂』は、村上さんが毎回面白そうな工場などを訪問してレポートを書いている本。カツラの作り方、人体標本の作り方など、普段は知ることができない職場がたくさん出ていて、これも面白いです。

 




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る