1.お互いの幸せのためにきっちり話し合う

私の場合、気持ちの整理のために「お金」「今後の関係性(連絡するとかセフレとか)」などをきっちり話し合います。

話し合いの過程では非常につらいものがありますが、
後々、お互いの幸せのためにお互いが足かせにならないよう、
つまり、こちらから嫌いになって別れるんじゃない場合でしょうかね。
相手に好きな人ができてしまったとか、もうそれはしょうがないとおもいますので。
自分が変わったとしても、相変わらず彼の好きなのは「変わったあなた」ではなく新しい彼女(?)なのですから。

ちなみに私は二人の共有物と、相手からもらったものはすべて処分します。
うだうだ考えるきっかけになってしまうからです。
私からのプレゼントの処分については自由にしてくださいとお願いしています。

2.失恋を忘れるために旅に出る

失恋すると誰もが痛手を被るわけですが、
この「誰もが」というところがネックになっていると思います。
事実はそのとおりなんですが、その対処方法は人ぞれぞれ。
誰にでも当てはまる魔法はありあせん。

私の場合は旅に出ます。
1泊2日でもロングステイでも、その時のお財布と相談です。
それによってなんだかか「目一杯自分が可哀想。失恋旅行だ!」と旅行中はおもいっきりセンチメンタルに過ごします。
ただ、旅先でもいいことあるんですよね。
行く先々の人情に触れ、人とのつながりって捨てたもんじゃないな、と感じて帰ってきます。
失恋は人間不信に陥りやすいですからね。

あとはもっとお金があれば引越しをします。
自分の心残りだったモノ・コト・ヒトを一気に処分しリセットしてしまうのです。
住む場所さえも、です。

新しい生活ってわりと忙しくてわりと楽しさが勝つものです。
その中から新しい自分を見つけられたら最高ですね。

今は無理でしょうが、私から見ると人生の可能性や選択肢が広がったように思えますが、「失恋」というものだけはなかなかリカバリーに時間がかかりますよね。

頑張りすぎず頑張ってください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。