本場同様、豆スープのおかわりが自由!

先日、信頼できる友人からの情報で、とあるネパール料理店の存在を知った。場所は渋谷。渋谷と聞いただけで、すさまじい喧騒を思い浮かべ、最近はちょっと足がすくんでしまうワタシだが、意を決して訪れてみることにした。
ダルバート

ネパールの日常食「ダルバート」。べジ&ノンべジの2種類がある

すると、まあなんと価値ある訪問になったことか! 渋谷といっても、店の場所はセルリアンタワーの裏手。会社員たちと多くすれちがうエリアとあり、雰囲気がある程度落ち着いている。渋谷と聞いただけで、少しひいてしまった自分をあらためた瞬間だ。

ネパール料理店「ネパリコ」を訪れたのは、ランチ時。同店では、昼でもネパールの日常食であるダルバート(ご飯と豆スープ定食)を提供する。近年、ランチ時からダルバートを提供する店は増えたが、このネパリコはさらに他店とは一線を画する。
アツァール

ダルバートのべジに付くアツァール。ノンべジを注文しても追加でオーダーできる

なんと、本場ネパール同様、ダル(豆スープ)のおかわりが自由なのだ。ライスもおかわりが自由……とまではいかないが、大盛りは無料。なんとも嬉しいサービスではなかろうか。店のランチメニューに、

“ネパールを訪れた方はダルスープやご飯のおかわりを盛ってもらった思い出があるのではないでしょうか……NEPALICOでもダルスープのお替りが自由……小さな旅気分を味わってみてください……”

というような内容が記されていたが、そんな一節を目にし、思わずホロリ。ネパール人にとってダルバートがどのような存在であるのか、に加え、ダルバートの食べ方などが詳しく紹介されており、ネパール料理に対する愛情がひしひしと伝わってきた。と同時に、自分がネパールを訪れた時の記憶がふっと蘇ってきて、一瞬のうちにネパールへトリップ。なんだか胸に温かいものが込み上げてきて、身体が心地よさに包まれたのだ。