フリマ必勝法それは、いかに商品の良さをアピールするかということだと思います。自分が売っているものを、お客様に「今日しか買えない超お買得品」と思わせる努力が必要です。そこで私が実践したのは、

値段をはっきり書いたシールを貼ることと、オススメポイントを書いたメモを貼ることです。例:「まだ1度しか着ていません」「ストールもついてこの価格です」

子供服などは、「洋服&ズボン5枚、まとめて300円!!」「1歳児~2歳児むけ。人気のキャラクター●●●です!」などと細かい情報を書いておき、とにかく、「絶対、買っといたほうがいいよ!」をアピールします。

たくさんのお店があるので、商品の細かい説明、内容を伝えることは本当に重要だと思います。といっても、恥ずかしくて声をかけてこない人が多いので、メモにして貼ると意外にそれを読んで買ってくれる人が多いのでいいですよ。

中には無理な値引きをお願いしてくる人もいます。押しに負けて、安く売ってしまったらもったいないので、そんな時は、「私にじゃんけんで勝ったら、500円。負けたら700円でどうでしょう。」と条件付きで売るようにしています。そしたら、盛り上がって他のお客様も集まってくるので、おすすめです。






■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。