高校の卒業式の謝恩会で、英語の先生がカラオケで歌ってくれたサイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」が非常に印象的だったのを覚えています。

Like a bridge over troubled water I will lay me down
の下りの“無償の愛” が当時の僕には衝撃的でした。

その後、時を経て、自分の子供の小学生の卒業式で「アイビリーブ」の合唱を聞いた時、その“無償の愛”と同じ意味合いの歌詞が出てくるのを聞き、いろんな思いで号泣してしまいました。

“たとえば君が 傷ついて くじけそうに なった時は かならずぼくが そばにいて ささえてあげるよ”

友達は大事です。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。