片付いているとは言えませんが、我が家では夫婦の寝室の押入れをクローゼット的に使っています。上段には最初からハンガー用ポールを付けてもらっていました。丈の長いものは掛けられませんが、夫婦の引っ掛けておいた方がいい服は夏服冬服問わず大体ここに収まります。奥行きの空間が15センチほど余るので、上の方はフックをつけてかばん掛けに。その下にはコミック・文庫本を並べました。

下段は右半分(壁際)に押入収納ケース×2、押入引出しが。左半分には奥に幅90センチの木製ラックが、その手前に横置3段カラボ&収納カゴ×3が置いてあります。木製ラックにはオフシーズンの靴、キャリーバッグ、捨てられない思い出品など頻繁に出さなくていい物を。手前の横置3段カラボ&収納カゴ×3には書類や本、趣味のものをまとめてあります。木製ラックは中古だったので自分で押入れに入る高さに切りました。カラーボックスにはキャスターをつけたので中身が多少重くても手前に引き出せます。

あらゆる大きさを測り尽くして考え抜いたレイアウトなので自分では満足していますが、私の身長が低すぎるために上段奥には手が届きにくいという点だけが残念です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。