30代なのに髪が薄くて老けてみられる!女性の髪の悩みQ&A

Q3:頭皮が乾燥してフケのようなものが出やすく、とても悩んでいます。皮膚薬はべたべたするので控えたいのですが、どうすればよいでしょう。頭皮に化粧水のようなものをつけても大丈夫でしょうか。

 

水分を保持する成分「セラミド」が入っている化粧水を頭皮につけて、頭皮の潤いを守りましょう

水分を保持する成分「セラミド」が入っている化粧水を頭皮につけて、頭皮の潤いを守りましょう

A3:頭皮は皮膚と1枚肌ですので、顔につける化粧水を頭皮につけても構いません。ただし、医師から処方された皮膚薬は、医師の指示通りに使うことをおすすめします。皮膚が乾燥して炎症を起こしているならば、それを薬で治すことが先です。

化粧水は、保湿性のあるものをおすすめします。乳液でも肌の水分・油分を補えますが、つけすぎると余分な油分が毛穴にたまり、雑菌などが繁殖することがあるので、化粧水を使用したほうがよいでしょう。化粧水を指の腹につけて、前頭部と頭頂部に軽く押さえるようにしてつけましょう。

健康な角質層の内部は、20%前後の水分を保持しています。乾燥した角質層の内部は、水分が10%以下になっています。乾燥頭皮になる原因は、肌表面の角質がはがれて肌の内部の水分・油分の両方が失われること。「洗い過ぎ」「アレルギー」「加齢」によって引き起こされます。

皮膚のようす。左:乾燥している状態undefined右:潤いがある状態

皮膚のようす。左:乾燥している状態 右:潤いがある状態


それらの原因を取り除き、頭皮を潤いのある健康な状態に戻してあげることが大切です。対処法は、下記の記事をご覧ください。

参考記事:乾燥は大敵!うるおい頭皮は女性の美髪を生む

Q4:30代なのに、髪が細くてイヤです! ボリュームがないので、実年齢よりも上に見えてしまいます。どうすれば髪が太くなるでしょうか。

バランスのよい食事を摂ることは、髪のコシ・ハリをキープするために大切なこと

バランスのよい食事を摂ることは、髪のコシ・ハリをキープするために大切なこと

A4:やせた髪をすぐに太くするのは難しいことですが、髪が細くても髪の表面のキューティクルを整えることで、コシ・ハリを取り戻すことはできるでしょう。

髪が細くなる、コシ・ハリが失われる原因は、「加齢」「血行不良」「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」「脱毛ホルモンの影響」「誤ったヘアケア」が挙げられます。それらを改善するには、髪の外側からのアプローチ(髪の表面に皮膜をつくって乾燥を防ぐ、髪にダメージを与えないようにするなど)、身体の内側からのアプローチ(血行を良くする、リズムの整った生活を送るなど)の両方からのアプローチが大切です。

下記の記事を参考にして、細くなった髪のコシ・ハリを取り戻してください。

参考記事:失われた髪のコシ・ハリUP!でマイナス5歳

いかがでしたか? 髪のことで悩むことがストレスになり、余計に抜け毛・薄毛が進行してしまうことも! 女性のための育毛サロンや薄毛治療の専門家など、早めに相談して、解決してくださいね。

【関連記事】
女性の髪と頭皮の悩みを解決!ヘアケアQ&A
ズバリ「女性の髪と頭皮」の悩みを解決します!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。