妊娠・出産で保険はどうしたらいい?

妊娠・出産を機に、「医療保険」が気になっている人も多いのではないでしょうか。実は、妊娠すると、リスクが高いとみなされるため、ほとんどの医療保険に入れなくなります。中には、妊娠中でも入れる保険がありますが、妊娠・出産に関しては不担保となってしまうので妊娠中に焦って入る必要はありません。じっくり選んで、出産した後に入るようにしましょう。パパも医療保険に入っていないようであれば、これを機に一緒に手続きするのも手ですね。

もし、妊娠前であれば、早めに医療保険に入っておくことをオススメします。妊娠中に切迫流産や切迫早産などのトラブルで長期入院した際にも、入院1日あたり5000円、1万円などのまとまったお金がもらえると、かなりの助けになります。

そして、子どもが生まれたら、親の万が一のときをカバーする「生命保険」が必要となります。

パパの保障金額の目安は、基本的に子ども1人あたり3000万円と考えましょう。これは、パパが会社員、ママが専業主婦、自宅が持ち家のケース。もし、パパが自営業やフリーランスなら、1000万円上乗せして4000万円に。また、賃貸住まいの場合も1000万円上乗せして4000万円になります。そして、ママが働く場合は、1000万円減らして2000万円になります。またいざというときに実家に住むことができる人は、1000万円減らして2000万円になります。

これが保障額の目安。我が家ではいくら必要なのかチェックしてみましょう

これが保障額の目安。我が家ではいくら必要なのかチェックしてみましょう


ネット型の生命保険は安いものも多くありますが、直接販売型の収入保障保険を選ぶと、保険料が安くなる場合もあります。ネット型の生命保険は、将来見直しが必要になったときに、解約して、改めて入り直さなければならないケースが多いので要注意です。出産後は、自宅を買うケースなどもあり、保険を見直す機会が増えます。見直しをしやすい保険かどうかも、よく検討するようにしましょう。

次のページは、教育費を貯めるのにオススメのこども保険とは?です。

取材・文/西山美紀 監修/畠中雅子(ファイナンシャル・プランナー) イラスト/本山浩子


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。