肘が出来るだけ天井の方向へ向くよう、動かせる範囲で上へと向けましょう。

ほかのギャラリーを見る