「紋」と言えば、少し前までは家を象徴するものでした。現在もその流れはあるものの、着物レンタルやリサイクルが当たり前の今、もう少し違う見方が必要なのではないでしょうか。今回は今の時代に合った着物の着方という視点から、紋について考えます。


紋の始まり

紋を考えるには基本を知っておくことが大切。まず紋とはどのようものなのかとい うことをザックリとご紹介しましょう。

紋は、平安時代に公家が目印や飾りとして牛車に好みの文様をつけたことがそもそもの始まりです。そしてそれが衣服や調度品に用いられるようになっていき、鎌倉時代から室町時代にかけて、称号のシンボルとして定着していくことになります。また、その頃から武家の間でも敵味方の識別のためや旗印として用いられるようになり、やがて町人や歌舞伎役者のにも広がっていきます。この頃には、歌舞伎役者の付けた紋がブームになるなど、江戸文化に華を添えるものとなっていきます。このように紋というのは、公家が目印として優雅なモチーフを築き上げ、武家が他と識別するために写実的で分かりやすい紋を作り、町人が文化として粋なものと変化させていったものであり、歴史とともにその役割も変化していったものです。


紋の種類とデザイン

紋

右は紋の中では一番格の高い染め抜き紋、左は略礼装に用いられる縫い紋

一口に紋と言っても、その技法やデザインなどの種類は様々。技法は大きく分けると「染め抜き紋」「縫い紋」「貼り付け紋」があります。染め抜き紋は生地を染め抜いて紋の形を表したもので、表紋と陰紋があります。表紋は紋の形を白く染め抜いたもので、正式の紋です。陰紋は、紋の輪郭を白く染め出したものを言い、主に略礼装に用います。縫い紋は黒、白、金、銀、色糸などを使って刺繍で紋の形を表したもの、貼り紋は、別布に紋を染めて裏面を接着できるようになっているものです。紋にも「格」があり、格の高い順から「染め抜き紋>縫い紋>貼り付け紋」となります。 

紋

裏が接着できるようになったいる貼り付け紋

他にも、輪の隅に紋を半分だけのぞかせた「のぞき紋」、まわりの輪を省いた「輪なし紋」、花鳥風月を図案化した「伊達紋」、表紋と陰紋を合わせて作った「比翼紋」、染めや刺繍で色さしをした「加賀紋」など、いわゆる「おしゃれ紋」と言われるものがあります。これらは、本来の紋の役割と共に、ワンポイントのおしゃれとして用いる場合が多く、デザインも華やかなものが多くあります。

また、購入前の留袖には、石持(こくもち)と言って本来紋を入れる場所を白く染め抜いてあるものがありますが、これは好みの紋を描き入れるためのものです。現在家紋の数は約1万ほどあると言われています。紋の種類やデザインを選ぶ際は、その着物の格や用途に合わせ、これらを総合的に組み合わせて選びます。

次は、紋の数と付ける位置をご説明します >>


紋の数と付ける位置

紋

留袖は五つ紋付の代表。左は正面から見たところで両側に胸紋、左は後ろ姿で背中中心と両後ろ袖にそれぞれついている


着物に紋を付ける時には、一つ、三つ、五つと数が決まっています。それぞれ、「一つ紋」「三つ紋」「五つ紋」と言って、格の高さは「五つ紋>三つ紋>一つ紋」です。五つ紋は、背中中心、両胸、後ろ袖の5ヶ所に付け、それぞれを「背紋」「抱き紋」「袖紋」と呼びます。これらは留袖、喪服、黒振袖などに用います。

三つ紋は、背中中心、後ろ袖の3か所につけ、色留袖、色無地などの略礼装に用います。そして一つ紋は、背中中心だけに紋をつけるもので、用途は三つ紋と変わりませんが、格という面ではこちらの方がよりカジュアルになります。

大きさは、男性は直径約4cm、女性は約2cmが標準サイズですが、おしゃれ紋ならば目立つように大きくして、ポイントを作ってもよいでしょう。


紋は格上げアイテムのひとつと捉える

前述のように、少し前の時代までは「紋」といえば、家を象徴するものでした。特に女性にとってはその財産権を主張する意味を持ったり、家族間の揉めごとの元となったりする程重要なものだった時代もありました。現在でもその流れはあるものの、レンタルやリサイクルが当たり前の世の中になり、その形自体の意味も薄れてきています。実際、自分の家の家紋が分からないという人も多いのではないで しょうか。

今や着物の紋は、付いているか付いていないか、ということが重要なのではないかと思います。着物に紋を付けるということは、着物の格(「着物の種類と格」参照)を上げるということでもあります。例えば、留袖は着て行くシーンが限られているため、紋が付いてるのが当然という感覚ですが、色無地に紋を付けると何もついていない色無地よりも格が上がり、普段着として使用するには少し格式ばって見えます。それを普段着としても使用したいなら、前にあるような縫い紋や貼り付け紋で対応するなど、その着物をどのような場面で着たいのかを考慮に入れてから紋を付ける付けないを選択することも大切です。

逆に言えば、紋一つでTPOに合わせて格の微調整ができるということ。今の時代、「紋=家紋」というイメージよりも、紋は装いの格を上げるアイテムのひとつと捉える方が正解なのかも知れません。格の問題は分かりにくく、着物を敬遠していまう原因でもあるのですが、一方でこれこそが和装の面白いところでもあるのです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。