簡単お菓子!電子レンジで桜餅(長命寺)

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物もち

 

春を感じる手作りお菓子で、休日のティータイムはいかが?

桜餅というと、もち米を使った関西風で道明寺、小麦粉を使った関東風の長命寺と呼ばれるものがあります。今回ご紹介するのは長命寺のレシピ。電子レンジを使って、わずか15分で完成。お菓子作りというと手間がかかるイメージがありますが、手順はシンプルで、失敗もほとんどありません。おもてなしにもおすすめ。

まだまだ寒い日が続いていますが、春はもうそこまで来ています。お花見ができる日ももうすぐ。桜餅で一足早く、春を感じましょう。

電子レンジで桜餅(長命寺)の材料(5個分

桜餅(長命寺)の材料
薄力粉 50g
白玉粉 10g
砂糖 15g
100ml
食紅 (赤・あれば)適宜
125g
桜の葉 (塩漬けしたもの)5枚
桜の葉は製菓店や一部スーパーでも手に入ります。季節のあるお菓子なので、春先以外はスーパーでは見つかりにくいようです。また、食紅があるとピンクの桜餅になりますが、白いままでも味は変わりませんので、なくてもOK。

電子レンジで桜餅(長命寺)の作り方・手順

桜餅(長命寺)の作り方

1:餡を丸める

餡を丸める
餡を1/5量に分け、細長くまるめておきます。

2:白玉粉を混ぜる

白玉粉を混ぜる
白玉粉をボウルに入れ、水を少しずつ加えて、粒がなくなるまで混ぜます。 必ず白玉粉から先に水と合わせ、完全に溶かしてください。だまになってしまいます。

3:薄力粉と砂糖を混ぜる

薄力粉と砂糖を混ぜる
薄力粉と砂糖を加えて、よく混ぜ、食紅で薄く色をつけます。目の細かいざるなどで漉しておくと、きれいに仕上がります。 食紅は入れすぎると色がきつくなりすぎますので、少量ずつ使ってください。

4:電子レンジにかける

電子レンジにかける
直径10cm程度のお皿にクッキングシートを敷き、生地の1/5量をスプーンですくい、その上に伸ばして、そのまま電子レンジで1分ほど加熱します。 表面がぶくぶく膨らむすることがありますが、加熱が終われば、平らになります。

5:餡に巻く

餡に巻く
あんに生地をまきつけ、桜の葉に包んだら、できあがり。 葉脈が表になるように巻いてください。

ガイドのワンポイントアドバイス

生地はホットプレートやフライパンで焼いてもできます。薄く油を敷き、ごく弱火で、両面をさっと焼いてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。