三村仁司氏

三村仁司氏

スポーツシューズ作りの名工三村仁司氏とアディダスが共同開発し、満を持して速さを求めるランナーに問う、シリアスランナー向けシューズ「adizero TAKUMI SEN」と「adizero TAKUMI REN」が1月30日(月)に発売開始されました。これと共に三村氏がシューズ工房「M.Lab東京」を原宿の明治通りに期間限定オープン。三村氏の技と想いに間近に触れられます。

豊富な経験を市販シューズに

金メダルシューズを作り続けてきた三村仁司氏とアディダスの提携が発表されたのは、丁度2年前の2010年1月でした。それまでメダリストを含む日本のトップアスリートのオーダーシューズ作り一筋にきた「匠」が、アディダスブランドの一般市販シューズを共同開発するという発表に、ランナーの期待は大きく膨らみました。
その時の話では、三村モデルの発売は2011年の秋とのことでしたので、2010年4月に遠くドイツにあるアディダスの開発研究所まで三村氏に同行した小生としては、昨秋からいまかいまかという気持ちで待ちこがれていました。そしてようやく三村モデル「adizero TAKUMI」が1月30日(月)に発売開始となりました。

シューズ工房も期間限定オープン

発売開始日の1月30日には、三村氏のシューズ作りの技と想いをどのランナーにも実際に目で見て確かめてほしいという意図から生まれたユニークな企画、期間限定オープンの三村仁司氏のシューズ工房「M.Lab東京」で記者発表が行われました。
三村氏のシューズ工房「M.Lab(ミムラボ)」は兵庫県高砂市にあるのですが、1月31日(火)から2月13日(月)までの2週間期間限定で東京(原宿)に「M.Lab東京」を設け、シューズ作りの工程や三村氏本人による「アライメント(足の傾き)」計測光景を実施に見てもらおうという試み。もちろん「adizero TAKUMI」の「SEN」「REN」も用意され、試履ができます。

「adizero TAKUMI」の開発秘話

デイブ・トーマス氏

三村氏を挟んでデイブ・トーマス氏(右)と萩尾孝平氏

そのビルの一室に設けられた発表会場での様子からご紹介しましょう。
まず、アディダスジャパンのデイブ・トーマス氏が近年アディダスシューズのシェアが拡大していることを紹介(陸上世界選手権では50%)、巨匠三村氏の多くの経験を生かして多くの日本人ランナーを速くしたいと挨拶。
続いて、日本人ランナー向けに開発されながらいまや世界中のランナーに幅広く愛用されるようになった「adizero」開発の担当者アディダスジャパンの萩尾孝平氏による開発秘話が披露されました。

「adizero TAKUMI」開発にこだわったことは?
ヒール部の比較。「REN」(左)と「SEN」

ヒール部の比較。「REN」(左)と「SEN」


萩尾「日本人ランナーの特徴はピッチとリズムなので、小気味よく刻むためのそれに合った反発性を大事にした」
三村「底は大事。そしてアッパーにこだわって素材を改良した」

納得できるシューズになったか?
萩尾「一番に挙げられるのは、単に反発性だけでなく安定性との両立をユニークなソールユニットで実現できたこと」
三村「素材改良で、最終的にフィット性がよくなった」

大切にしたことは?
萩尾「adizeroの持つDNAを残しながら三村さんらしさをいかに落とし込めるかだった。三村さんの要望に応えるのは難しかった。素材に対する三村さんの要求は非常に高く、何回も作り直した。アッパー素材だけで15回くらい作り直した。線維メーカーには苦労をかけたし、製造の現場からも悲鳴が上がった。しかし、妥協しない思いで取り組んだ。ソールは市販モデルなので、耐久性を保った上にグリップ性を求めた」
三村「感性も大事にした。手触りなど」

アッパー素材で一番大事にしたところは?
三村「通気性と軽量性」
萩尾「このメッシュ素材は形状記憶素材のように形が持続する。それがフィット感になっている」

三村「こうしてほしいという要望をいくつも言って作ってもらった。普通はニューモデルは1年もあればできるが、やり直しやり直しで2年かかった。いいシューズになったと思う」
萩尾「たった一足のシューズだけど、シューズ一足で人生が変わることもある。ランナーを安心させる一足一足を大切に作っていきたい」
三村「選手はいつもシューズに頼る。これからもいいシューズを提供していきたい」

形状記憶性能で足を均等に包み込むフィット感

布が形状を保ったまま立ち続けた

布が形状を保ったまま立ち続けた

15回くらい作り直したという徹底したこだわりから生まれたメッシュのアッパー素材。足あたりに抵抗のない内側線維に耐久性のあるメッシュの外側線維がはりついている構造で、良好な通気性と軽量化を実現しています。サンプルとして提供された小ぎれは、握ったあと離しても形がそのまま保たれています(写真)。といって硬いわけではなく、引っ張ればわずかにストレッチする方向とよくストレッチする方向があり、使用部位によって素材の使用角度を変えて足の包み込み感を均等化しています。

ソールはいくつものパーツから成っていますが、そのパーツごとに求められる機能に合致した形状のテストと素材開発とを何度も試行しながら開発されたとのこと。ソール部は特にランナーの感性に応えるものでなければならず、エリートランナーの試履きを繰り返しながら改良を重ねたとのことです。素材の開発もたいへんですが、その型作りにも膨大な時間、費用がかかったであろうことは疑いありません。


足に張り付いて一体化

期待はいやが上にも膨らんできました。小生早速2Fの「adizero TAKUMI」展示コーナーに。
まずは「adizero TAKUMI」を手に取り360度観察、シューズ内部、インソールも。そして曲げたり捻ったり押したりつまんだり。
いつものサイズで試し履きしましたが、足入れ時はきつめ。このところ走行距離が減って足もやや肥満化してきたようです。シリアスランナーの足というのは、ボディ同様脂身が削がれているので一言で言えば小さめです。しかし、履いてみれば足全体にピタッと張り付いて違和感が消えてしまったような感触は何とも言えないものです。ついでに先取りして履いた後のことを書くと、履いているうちに窮屈感がなくなっていました。シューズの存在を忘れさせてくれるフィット感、これはやはりアッパー素材の機能によるものでしょう。

意識せずとも歩幅が伸びる「SEN」

戦闘シューズ「adizeroundefinedTAKUMIundefinedSEN」

戦闘シューズ「adizero TAKUMI SEN」

「SEN」「REN」二足を借り出して、それぞれに履いてみたり、左右別モデルの二足のわらじならぬ片っぽずつのシューズにしてみたりで明治通りに飛び出しました。
「SEN」を実際に履いた感触を一言で言うと、「歩幅が伸びる」です。
これは、軽量である(27cmで片足170g)とかグリップ力の良さとともにソールの構造にあるように想われる感触です。

垂直落下の反発を前方に変える

上から落下した反発が真っ直ぐ上に返るのではなく、前方に方向を変えて反発する感じ。パンフレットの表現を簡略化して言うと「着地の衝撃をそのまま推進力に変える高反発EVAとかかと周りの安定性を高める「Lite EVA」の2層のミッドソール構造+蹴り出し時のスナップ効果を高めて蹴り出しの力をロスせずスムーズに発揮できるかかとから爪先までのびた「SPRING TORSION」によって前足・後ろ足の高低差を少なくしてスムーズに足を抜けさせる」ということになります。

ランダムなラバーで確実に力を伝える

「SEN」(左)と爪先がラバーで覆われている「REN」

「SEN」(左)と爪先がラバーで覆われている「REN」

グリップ力の良さも強く感じられました。試走した路面(歩道)はぴかぴかに磨かれ、雨天時は随分滑る人がいるのではないかというような表面でしたが、そんな路面でもなんら不安を感じることなく全力で着地でき蹴ることができるグリップ感がありました。これならガラスの上でも走れそう。
アウトソールを見ると黒い多数の点となったラバーがついています。一般的には同一の大きさが幾何学的に整列して付いているのが普通ですが、よく見るとそのサイズも配置もランダムであることに気づきます。これも開発段階で苦労したポイントであったようです。
路面をひっかけて走るランナーには小さくて少ないほうがよい(極端に言えばスパイク)、体重を乗せて反発力を生かすようなランナーはある程度の面積がないと反発力が生まれないし安定も悪い、さらに小さくて少なければ耐久性も落ちます。そのあたりのバランスをとりつつランナーのテストを繰り返してたどり着いた結論がこのパターンで「DSPクイックストライク」と命名されています。

駅伝、ロードレースで威力発揮

「adizero TAKUMI」がどのようなランナーや走りに向くのかをまとめてみると、「SEN」の威力を最も発揮できるのは、陸上競技部に所属したりその経験もあるシリアスランナー、あるいはそれに匹敵する市民ランナーの、5kmからハーフ未満のロードレース、駅伝ではないかと想います。フルマラソンでこのシューズの真価を十分に発揮できるのは、相当の筋力がついているエリートランナーでしょう。
というのは、試し履きの感想で述べましたが、ストライドが伸びるシューズだからです。走らされてしまうといったらいいでしょうか。通常より伸びればそれだけ通常はあまり使っていない筋肉を使うことになります。それは筋肉疲労を起こす原因になり故障の原因ともなります。それでは、ストライドを延ばさないように走ればいいかというと、伸びてしまうものを伸ばさずに走るのも体にはストレスになります。スピードランナーがゆっくり走ると疲れるのに似ています。

短い距離やウレタントラックでの練習で慣れる

しかし、疲れるということはトレーニングには必要です。負荷をかけて超回復によって進化するということから考えれば、こうしたシューズを負担の少ない短い距離や、ウレタン舗装のトラックなどでインターバル練習や3000~5000mのレースで履き慣れていくことは、走力をつける上で効果的です。そうした使い方なら市民ランナーの中級レベルの方でも履いてみるといいと思います。エリートランナーの「跳ぶような走り」の感覚を体験できます。

「SEN」と「REN」の履き分け

用途が広そうな「adidasundefinedTAKUMIundefinedREN」

用途が広そうな「adidas TAKUMI REN」

「REN」のテイストは、かなり一般的なランニングシューズに近いものがあります。「SEN」はインソールを接着していますが、「REN」は取り外しできますし、足首周りやタンもソフトなライニングを使用しています。ヒールサポートもがっちりして着地も安定しています。アウトソールも爪先部、ヒール部に耐久性の高いラバーを使用するなどの違いがあります。
クッションも「REN」に比較し格段に高まっており、「SEN」の軽快なレスポンスとはまったく異なった優しい履き心地ですが、アッパー素材と前足部のアウトソールに貼られたランダムなラバーは共通で、フィット感、グリップ感は見劣りしません。この機能で190g(27cm片足)を達成していることに感嘆しました。
中級レベル以上ならフルマラソンにもいいのではないかと思います。通常練習は「REN」で、スピード練習や10kmぐらいまでの中距離レースは「SEN」で、ハーフはどちらにするか迷うところですが、フルマラソンなら「REN」を履きたいというところです。

「日本人を速くする」をコンセプトにした「adizero TAKUMI」。今回発売されたのは、シリアスランナー向けレーシングモデルの「TAKUMI SEN(匠 戦)」(15750円)とシリアスランナーのトレーニング用途モデルの「TAKUMI REN(匠 練)」(13650円)の2シリーズで、共に男性向けと女性向け、そして「TAKUMI REN」にはワイドモデルがラインアップされています。


「ミムラボ東京」でシューズを学習

「M'lab東京」2F。アラインメント測定室もある

「M'lab東京」2F。アラインメント測定室もある
 

シューズの製造工程などの展示が

シューズの製造工程などの展示が

期間限定オープン『ミムラボ東京』も見学してほしい施設です。普段は滅多に見られないシューズの構造、シューズ作りの工程や三村氏自身が足の測定を行う様子を実際に見学できるので、今後シューズ選びの際に大いに参考になる知識と情報を得られます。三村氏が一般ランナーを対象として足の測定を実施する企画も予定されています。詳しくはアディダスランニング共和国Webサイトを。
■M.Lab(ミムラボ)東京
・期間 1月31日(火)~2月13日(月)
・時間 [平日]11:00~20:00
[土日・祝]10:00~19:00
・場所 東京都渋谷区神宮前6-23-6 ティスモ原宿2
・内容 1F ミムラボ製作の実物シューズ展示(木崎良子選手、伊藤舞選手、青木宣親選手、和田毅選手など)
2F アラインメントルーム、シューズ製作の工程展示、「adizero TAKUMI」の試し履き

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。