冬の運動不足とおいしい食事で、体型が気になっている人も多いのでは? そんなとき、即効性があるのはダイエットよりも着やせテクニック!

今回は、たくさんある着やせテクニックの中から、体型タイプ別におすすめのものをまとめてご紹介。自分に合ったテクニックで、さらに効果を高めましょう!

【CONTENTS】
Page1:おなかが気になる「リンゴ型」にぴったりの着やせテクニック
Page2:下半身が気になる「洋なし型」にぴったりの着やせテクニック
Page3:体のメリハリが少ない「バナナ型」にぴったりの着やせテクニック
Page4:二の腕や胸など上半身が気になる「ブドウ型」にぴったりの着やせテクニック


おなかが気になる「リンゴ型」にぴったりの着やせテクニック

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

おなかぽっこりのおかげで、全体的に太って見えてしまうこともある「リンゴ型」

特におなか周りがぽっこりとしていて、全体的に丸みのあるシルエットである体型を「リンゴ型」と呼びます。

お酒をよく飲む人に多いタイプで、厚着の季節にはカバーがしやすくても、薄着になるとカバーしづらく悩むことも多いでしょう。




 

ウエストマークワザはおなか着やせの基本

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:細ベルトで、すらっとした縦のラインを生かしたままウエストマーク!
右:リボンベルトがセットになったパンツなら即着やせ!

そんな「リンゴ型」タイプの方にまず覚えていただきたいのは、ベルトでのウエストマークテクニック。ウエストをベルトで引き締めることで、くびれを作り出すテクニックです。効果を高めたければ太いベルトで引き締めた方がよいのですが、ハードな印象にもなりがちなので、右のようなリボンベルトも上手に活用しましょう。

身長があまり高くない方は、太いベルトをすると縦のラインが分断されて背が低く見えてしまうため、細いベルトでのウエストマークがおすすめです。


おなかから視線をそらして着やせ!

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:ふんわりしたシルエットと襟周りのフラワーモチーフのWで着やせ
右:ボリュームネックレスは、リボンなどモチーフが多いほど効果大!

また、気になる部分とは違う部分に視線を集めることで体型をカバーするというテクニックも「リンゴ型」さんには有効。ウエストから視線を外すために、例えば顔周りにデザインアクセントを持ってきましょう。胸回りにフラワーモチーフがたっぷりついたワンピースや、大ぶりのネックレスを使うという手も。

次のページでは、下半身が気になる「洋なし型」のあなたにぴったりの着やせテクニックをお届けします

下半身が気になる「洋なし型」のあなたにぴったりの着やせテクニック

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

下半身を隠すためにチュニックばかりになってしまいがちな「洋なし型」

私の元へパーソナルスタイリングをご依頼下さる女性の中で、最も多いのがこの「洋なし型」。下腹部からヒップ、太ももにかけてのボリュームがつくタイプの体型です。

日本人女性は年を重ねると、この体型になりやすいと言われています。

 

上半身にボリュームを出せば、バランスが整い痩せて見える

下半身が気になると、上半身のコーディネートはそっちのけで、いかに体型カバーできるボトムを選ぶかばかりに気を取られがちなのですが、意外とトップスを見直した方が着やせできることが多いのです。
自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:ボタンのデザインでIラインを強調してすらっと見せます
右:プリーツデザインも、縦ライン強調には有効。細かなプリーツで広がりにくいものを選びましょう

例えば、ヒップの厚みが気になるタイプの方には、上半身にもフリルやリボンといったデザインで厚みをプラス。また、腰骨が張っていて横幅が気になるという場合には、上半身もボーダー柄などで横幅を強調します。

上半身に比べて下半身のボリュームが目立つことが原因の場合には、半身にボリュームを加えることでバランスが整い、気にならなくなるというわけです。


縦のラインを強調してほっそり!

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:ボタンのデザインでIラインを強調してすらっと見せます
右:プリーツデザインも、縦ライン強調には有効。細かなプリーツで広がりにくいものを選びましょう

また、単純に下半身だけ細く見せたい、ということであればボトムに縦のラインが強調されるようなデザインが入ったものをセレクトしましょう。縦にボタンが並んだデザインやプリーツスカートなどがその一例です。

次のページでは、体のメリハリが少ない「バナナ型」のあなたにぴったりの着やせテクニックをご紹介します

体のメリハリが少ない「バナナ型」のあなたにぴったりの着やせテクニック

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

細身でもシルエットが決まりにくい、と悩みがちな「バナナ型」

体のメリハリが少なくずん胴なのが悩み、という方も多いのが「バナナ型」。全体的に細身の方も多いのですが、体のラインを生かしただけの着こなしでは寂しくみえてしまうことも。

しかも、食事制限だけではなかなか体型を変えづらいタイプなので、着やせテクニックは必須と言えます。



 

胸下の切り替えで、ふんわりかわいく見せる

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:胸の下に入ったギャザーで、バストも大きく見せられる嬉しいデザイン
右:ハイウエストで切り替えの入ったタイプも、スタイルよく見せられます

細身のバナナ型の方は特に、ベルトでウエストを引き締めてもあまり効果が出ない場合があります。そんなときは、胸の下あたりに切り替えが入った、ふんわりシルエットのアイテムを選ぶと◎。ぽっちゃりさんが着るとマタニティウェアに見えてしまいそうなデザインでも、細身のバナナ型さんならふんわりかわいく決まります。ベルトだけでは生み出せなかったメリハリも誕生!


ボリュームスカートで女性らしいシルエットに

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:シフォン素材のスカートなら、重くなりすぎることなくボリュームをプラスできます。
右:たっぷりフレアが取られたスカートは、女性らしい体型を作り出す基本アイテム

自然とボリュームが出るようなスカートを履けば、相対的にウエストが引き締まって見えてメリハリが生まれます。できるだけハリのある素材を選んで、洋服でシルエットを形作るイメージで。

次のページでは、二の腕や胸など上半身が気になる「ブドウ型」にぴったりの着やせテクニックをチェック!

二の腕や胸など上半身が気になる「ブドウ型」にぴったりの着やせテクニック

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

がっしりとした印象を与えてしまいやすい「ブドウ型」

一般的によく使われている体型の分類は、
実は前ページまでに出てきた3タイプ。

この「ブドウ型」はガイドが命名した新タイプです。二の腕や胸、肩幅など上半身にボリュームがある体型のことをこう名付けました。

第一印象で目につく上半身にボリュームがあることで、どうしても全体的にふくよかな印象を与えてしまいがちな体型です。



 

胸元をすっきりと見せるカシュクールデザイン

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:カシュクールワンピは一枚着るだけですっきり見える魔法のアイテム
右:胸が大きい方は、シャツのボタンがきつそうに見えてしまいがち。カシュクールタイプでゆとりを持たせて

胸が大きいタイプの「ブドウ型」さんには、カシュクール型のアイテムがオススメです。首回りが詰まっているトップスを着ると胸回りが窮屈に見えて余計目立ってしまうものですが、カシュクールなら斜めのラインの効果で、胸元がすっきりと見えます。


二の腕・肩をほっそりと見せる2つのデザイン

自分の体型タイプに合ったテクで、もっと着やせ!

左:広がった袖で二の腕が隠せ、手首が細く見える「ベルスリーブ」
右:ポンチョは肩のラインを目立たなくしてくれます

二の腕が気になる方にお勧めなのは、ベルスリーブと呼ばれる、袖口に向かって広がっている形の袖のデザインを選びましょう。二の腕をうまくカバーしながら、広がった袖口の効果で細見せが叶います。

また、肩幅が気になる方にはポンチョのような、肩の切り替えラインがないデザインがおすすめ!肩先の場所を曖昧にして、カバーするテクニックです。ポンチョ以外には、ドルマンスリーブでも同じ効果が得られます。


【着やせテクニックの記事はこちらもおすすめ!】

「痩せた?」と言わせる体型カバー術

美脚を作るプリーツスカートの丈選び&コーデ術

顔型・上半身の悩み解決!インナーの選び方

旬のすっきりフォルム完成!着やせベルト技

体型悩み別!女力をアゲるパーティードレス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。