デザイナーズファニチャーのイメージリーダーショップ
売れ筋ランキング2011年後半(7-12月)☆BEST10☆

『2011年』…今年は日本、いや世界中の人々にとって「忘れられない年」となるでしょう。
売れ筋ランキング2011年前半(1-6月)☆BEST10☆でも書きましたが、今年2011年の出来事といえば、なんといっても「東日本大震災」。

様々なものを「失う」被災地の災難は未だ続いていますが、先日、政府・野田佳彦首相が東京電力福島第1原発が「冷温停止状態になった」として事故収束を宣言しました。核燃料が現実にどういう状況にあるかという説明が十分ではない中で『収束』と言い切れるのか、はなはだ不明瞭な発言に、国内はもちろん海外からも批判の声が発せられています。しかし、今回の被災から学ぶ多くのコトは、将来の展望と今後の可能性につながる「チャンス」となるとも思われます。

そして、あの女子サッカーW杯優勝!ランキング1位のアメリカとの決勝戦は鮮明に残っていますね。歴史に残る名勝負、澤穂希率いる日本女子チーム:なでしこジャパン が世界一と、なりました。
b

2011/12/18 クラブW杯決勝戦       バルセロナvsサントス

余談ですが、先日のクラブW杯決勝もタマリマせんでした。バルセロナの美しく、観客を魅了するプレーの連発に観戦した横浜日産スタジアムは、寒さなんかブッとんで興奮の坩堝と化していました。これもまさに「歴史に刻まれる」試合となること間違いないでしょう。

歴史に残ると言えば、中東諸国で起きた政権「崩壊」…エジプト・ムバラク、リビア・カダフィー。そしてギリシャから端を発したヨーロッパ経済危機、イタリア・ベルルスコーニ政権崩壊と続きました。

あと非常にその死が惜しまれたアップルの創始者スティーブ・ジョブズ、膵臓腫瘍の転移による呼吸停止により妻や親族に看取られながらパロアルトの自宅で死去。56歳没。母校で行なわれたスティーブ氏の演説は伝説のスピーチとなり、私たちに既成概念をぶち壊し新たなる可能性…デザインの「可能性」と魅力を与えてくれました。

今年一年を振り返る一文字として『絆』があげられました。
大変大切なキーワードですが、その絆をベースに今後の展望と可能性を見据えた『行動』が、今一番求められていると思います……激動の2011年、『記憶』に深く刻まれる年となるでしょうね。

さて、本題の「デザイナーズ・ファニチャー」。
今年はどのようなインテリアアイテムが人々にセレクトされたか?……ファニチャーイストにとって は、気になるところ。毎回取材をお願いしていますデザイナーズ・ファニチャーイメージリーダーショップhhstyle.comに人気のファニチャー(家具)・インテリアグッズについてお聞 きした。

ランキング発表前に今回は、ショップでとても気になるアイテムの中から一押しアイテムをお知らせします。

2011年後半(7-12月)一押しアイテム!?
-「Tea Towel Set / Hanging Grid」-


f

 Tea Towel Set / Hanging Grid  ¥3,465(税込)                     (●画面をクリックすると使用例が拡大されます)


オランダ人のユニット「SCHOLTEN & BAIJINGS(ショルテン&バーイングス)」によってデザインされた斬新な配色とミニマムなデザインのティータオルセット
ポップになりがちな蛍光色を用いながらも、絶妙な配色によって、まるでコンテンポラリーなアート作品のような美しさ。同パターンの色違い2枚セットは、ギフトにも最適!と、広報:石野田さんの一押しアイテム。Hanging Grid  ¥3,465(税込)

それでは、次ページにて「hhstyle.com : デザイナーズファニチャー売れ筋ラン キング2011後半(7-12月)☆BEST10☆」、まずはインテリアグッズBEST5の発表です!