ラミーの「ダイアログ」シリーズ

ラミーでは、モデルごとに一人の外部デザイナーとコラボレーションしてペン作りを行っている。そんな中で、この「ダイアログ」シリーズだけは、ラミー哲学をより際立ったものにするため毎回違うデザイナーを招へいしている。

「ダイアログ1」では、「ThinkPad 」も手がけたリチャード・サッパー氏。「ダイアログ2」は、ラミーピュアのデザインも手がけたナッド・ホッシャー氏。

そして「ダイアログ3」では、ラミーピコのフランコ・クリヴィオ氏。「ダイアログ」シリーズとしては、はじめてとなる万年筆。しかも、通常の万年筆と違いキャップがないという機構をもったものだ。

このたび、新たにブラックタイプが登場。ラミー大好きな私自身も、これまでこの「ダイアログ3」のことは雑誌などで、その存在は知っていたものの、しっかりと試すという機会がこれまで残念ながらなかった。
ラミーダイアログ3

ラミー ダイアログ3 by フランコ・クリヴィオ 3万3600円

ひょっとすると、皆様の中にもそうした方は多いのでは……。
そこで今回は、この「ダイアログ3」のインプレッションをお届けしたいと思う。

ラミーらしいミニマル デザイン

ラミーダイアログ3

まるで葉巻を思わせるフラットなデザイン

今回ブラックになったためだろうか、シルバータイプの時とちょっと印象が違うような気がする。
どういうことかというと、それほど大きく感じないということ。もちろん実際のサイズは全く変わっていない。あくまでも印象の違いなのだろう。
ラミーダイアログ3

同じくフランコ・クリヴィオ氏デザインのラミーピコと並べてみると、確かに似ている。まるで親子のようだ

手に載せてみる。指先には、まずマットな感触がやってくる。こうしたマットブラックというと「ラミーピコ」のブラックを思い起こすところだが、それとは別物。

「ラミーピコ」はラバーっぽい、やや指先にまとわりつく感じがあったが、「ダイアログ3」ではマットの中にもサラッとした指触りがある。しいていうと、ラミーの CP 1のブラックの方に近いと思う。つまり、ラバーっぽさよりもメタルという質感がダイレクトに感じられる。

手にすると結構ズシリとくる。私の持っているラミーの中でひょっとすると一番重いかもしれない。クリップを除いては、ボディの中で突出した部分はなく、全体がスラッとしている。軸は見た目としてはかなり太め。実際に測ってみると直径は13.5mm 。ラミーの中で太めのラミー2000万年筆のグリップ部分は13mm ほど。
ラミーダイアログ3

グリップ部分で比べると、ラミー2000万年筆とさほど、太さは変わらない。「ダイアログ3」のボディには、クリップにつながるラインが描かれており、それがボディにシャープな印象を与えている

つまり、0.5mm しか違わない。しかし、その数値でデータより「ダイアログ3」の方がずっと太く感じるのは、「ダイアログ3」がフラットなデザインのためだろう。


次のページでは手に持った感触をレポートする。

メカニカル感タップリの操作感

では、次にペン先を出してみる。ペン先を出すにはボディをツイストさせる。やや重みを感じながら軸を180度回転させると、じわりじわりとペン先がくり出されてくる。
ラミーダイアログ3

ボディを半回転ツイストさせると、ペン先が繰り出される

感触に最後カチッという手応えがあり、それが合図となってペン先がロックされた状態になる。このペン先を繰り出している間、目立った音はほとんどしない。試しに、耳元でもう一度ツイストしてみると、メタル同士が触れ合う「スゥー」という音がかすかに聞こえる程度。改めて考えてみると、ラミーのペンの中では価格が上になるほど、こうした操作音というのはほとんどしないような気がする。

さて、このツイストをする際、ついついペン先が出てくる所に目が行きがちだが、ここでクリップにも注目したい。ペン先ほど盛大な動きではないが、この時クリップがほんのわずかに沈み込む。 
ラミーダイアログ3

ペン先収納時にはクリップとボディの間にわずかにすき間がある

ラミーダイアログ3

それがペン先を繰り出すと、ご覧の様にそのすき間はなくなる

「ラミースイフト」では、クリップはボディと同化するように完全に沈み込むが、この「ダイアログ3」では沈み込みはするものの、少し飛び出したままだ。そもそも完全に沈み込ませないのなら、クリップの位置は、そのままでもいいように思う。しかし、その考えは全く間違っていたことに気付かされた。つまりそれは、握り心地という面で大きな違いがあるということだ。

試しにペン先を出していない状態、つまりクリップの飛び出しが大きいままに手にしてみる。次に、ペンをしっかりと繰り出してクリップを沈み込ませて握り比べてみる。
ラミーダイアログ3

わずかに沈み込んだクリップにより、握った時の安定感がすこぶるいい

これが微妙にフィーリングが違う。クリップが飛び出している時は、クリップが主張しすぎて握っていて落ち着かない。グリップを握るというよりも、むしろクリップを指ではさむ方に神経が行ってしまう。

一方、クリップを沈み込ませた状態だと、これが実に自然。あくまでグリップをしっかりと握り、クリップはほんの少し添えるという感じになる。1mm にも満たない差が、これほど大きく影響するとは驚いた。
ラミーダイアログ3

クリップは根元を押すと、先が広がるバネ式になっている

ラミーダイアログ3

これはアルミ製クリップのようだが、裏から覗きこむとラミー十八番の無垢クリップになっていた


次のページでは、 書き心地を紹介する。


重さを味方につけた書き心地

では、次に実際に筆記してみる。ペン先の形としては、サファリ万年筆と同じだが、これは14金。
ラミーダイアログ3

バイカラーの14金ペン先

紙の上に添え、少しばかり力を加えるとペン先がやさしくたわんでいく。
ラミーダイアログ3

少し筆圧を加えると、ペン先が気持ちよく反応してたわむ

書いてみるとボディの重さと、このペン先のしなりがちょうどいいバランスになっているのを感じる。
ラミーダイアログ3

口金が結構太いが筆記時のペン先回りの視界は思ったよりも良好

こうしたノック式ということで気になるのが、ペン先のガタツキ。しかし、この「ダイアログ3」では、ほとんど感じなかった。それに影響しているのかどうかわからないが、よくよく、ペン先周りを観察してみると、ペン先が出てくる穴の周りだけがラバーになっている。このラバーによって、ペン先のフィット感を生んでいるのかもしれない。同時にキャップを閉めた時の気密性も高めているのかもしれない。
ラミーダイアログ3

穴の周りはラバーになっている

実は、この原稿を「ダイアログ3」で書いている。はじめのうちは軸がやっぱり太いかもと感じていたが、ここまで書き進めていると、そんなことは、遠い過去のことのようにすっかりと忘れ、気持ちよく書いていける。ところで、私の仕事、つまりペンを試しながらそのペンのインプレッションの原稿を同時に書けてしまうというのは実に効率がいい。

さて、今度は出したペン先を収納してみる。先程とは逆回転させると、スルスルとペン先が収納されるのにあわせて、クリップも元の位置に戻っていく。
ラミーダイアログ3

ヘルメットのようなインナーキャップがクルリと回転して閉まる

最後に「カシャリ」という音というよりも手応えがある。180度つまり半回転ではあるが、これを片手一本で行うのはちょっと無理。両手でしっかりと持ってツイストするのが正しいやり方のようだ。


最後にインクの交換方法を紹介する。

インクの交換方法

インクはカートリッジとコンバータの両用式。交換するにはボディを分解する必要がある。カートリッジの場合は、この状態でセットする。コンバータの場合は、ここからさらに、ペン先ユニットを取り外す。回転させると簡単に外れるようになっている。この外した状態でインクボトルからインクを吸入させる。
ラミーダイアログ3

カートリッジ、コンバータの両用式。このようにペン先ユニットだけにできる

ちなみに、このネジでペン先ユニットを固定するという点に、作りこみの精度の高さを感じた。というのも、ネジこんで固定した時に、必ずペン先は一定の向きにならないといけない。つまり、ペン先を出した時にクリップとペン先が同じ向きになっていないといけない。ネジ切りは、常にその位置にピタリと決まるようになっている。

以上、「ダイアログ3」のインプレッションを「ダイアログ3」で書いてみた。これまでのシルバータイプでは「食わず嫌い」ならぬ「書かず嫌い」になっていたが、このブラックになって私の中の印象はガラリと変わった。
ラミーダイアログ3

「ダイアログ3」のために誂えられたウッド製専用ケース


【関連リンク】
ラミー公式サイト(ダイアログ3)

【最近の記事】
インパクト大なクロコ柄ファイル
「アイコン」という呼び水がある日記
Campo Marzio Designショップオープン!


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。