十和田バラ焼き風おかずのレシピ。牛肉とたまねぎの甘辛炒め

所要時間:20分

カテゴリー:すき焼き

 

十和田バラ焼き風牛肉と玉ねぎの甘辛炒め

近年B級グルメの新郷土料理となっている「十和田バラ焼き」。甘辛ダレでたまねぎたっぷり、ご飯のおかずに最高です。作り置きができるので、たくさん作って冷蔵庫や冷凍庫で保存が可能。そのままでもよし、卵とじやまぜご飯、野菜と一緒に炒めたりと、アレンジも自在です。

十和田バラ焼きの材料(4人分

十和田バラ焼き風牛肉とたまねぎの甘辛炒め
牛肉 300
たまねぎ 1個
ごま油 大さじ1
下味用調味料
ごま油 大さじ1/2
醤油 大さじ3
甜麺醤 小さじ1
はちみつ 大さじ1
大さじ1
ニンニク 小さじ1/2
すり白ごま 大さじ1
一味唐辛子 少々
牛肉にしっかりと下味をつけます。ビニール袋に材料を入れてもみこめば、手を汚さずに簡単です。味噌を少し入れると、コクがぐんと増します。

十和田バラ焼きの作り方・手順

十和田バラ焼き風牛肉とたまねぎの甘辛炒め

1:牛肉に下味をつける

牛肉に下味をつける
牛肉は食べやすい大きさに切り、下味用の調味料と合わせてもみこみ、30分ほど置きます。

2:たまねぎを切る

たまねぎを切る
たまねぎは半分にして5ミリ程度の厚さに切ります。

3:フライパンでたまねぎと牛肉を炒める

フライパンでたまねぎと牛肉を炒める
フライパンにごま油を熱し、たまねぎが透き通るまで炒めます。たまねぎが透き通ってきたら、下味をつけておいた牛肉を加えます。

4:汁けがなくなるまで炒める

汁けがなくなるまで炒める
汁けがなくなり、全体にテリが出るまでよく炒めます。最後にお好みでいりごまをふります。

ガイドのワンポイントアドバイス

冷蔵のほか、冷凍での保存もできます。汁けがなくなるまでしっかり炒めれば、日持ちもして、うまみもしっかりとのります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。