最初にエフェクタとしての凄さを魅せてくれたiRig&AmpliTube

IK MultimediaのAmpliTube

IK MultimediaのAmpliTube

PCのDAWの世界で、エフェクトは重要な要素です。しかし、エフェクトだけのためにPCを使う人は少ないかもしれません。一方、iPhoneやiPadはデバイスが小さいだけに、ギターとセットで演奏を楽しむといったのには最適なデバイスです。CPUパワーもPCと比較すると低いため、エフェクト専用のアプリというもの発展してきています。

当初のiPhone時代からいくつかのアプリはありましたが、エフェクタとしての面白さを魅せ付けてくれたのは伊IK MultimediaのiRigとAmpliTubeのセットであったといって間違いないと思います。

iRig

ヘッドホン端子に取り付けるiRig

iRigのハードウェア構造は至って単純。iPhone/iPadのヘッドホンジャックをうまく利用するための分岐回路で、ヘッドホン出力をヘッドホンへ、通話のためのマイク入力をギター入力へ変換するというもの。単純構造なために電源不要というのもポイントです。

そしてそれを使って使うアプリが、AmpliTubeです。もともとPC用のギターアンプシミュレータとして発展してきたAmpliTubeをiPad/iPhone用に展開させたものですが、使い勝手もよく、機能も豊富。無料版があるのもうれしいところです。

またFenderアンプのシミュレーションに特化し、Fenderのお墨付きというAmpliTube Fenderも登場するなど、人気です。

実は、これCore Audioに対応していないのが難点ではあるのですが、プロテクトもかかっていないので、他社ハードウェアを活用できるのもミソ。先日、TASCAMがギターもマイクも接続可能な機材、iXZというものも出していますが、それとAmpliTubeの組み合わせでも問題なく使うことができます。

【関連記事】
iRigでiPadをギターエフェクタ化する
AmpliTubeもバッチリ使えるiPad/iPhone用マイク・ギターI/F、TASCAM iXZ


エフェクタとしての決定打、LINE6のPODが本家から登場

Line6 Mobile In

DOCKにつなぐ入力専用オーディオI/F、Mobile In

AmpliTubeが先頭を行くエフェクタの世界に待ったをかけたのがLINE6です。LINE6といえば、アンプシミュレータ、PODが有名ですが、PODを持つLINE6が自らiPad/iPhoneのエフェクタの世界に製品投入したのです。

すでにLINE6はMIDI MobilizerというMIDI I/Fを出していましたが、今回リリースしたのは似た形状のMobile Inというハード。これはギター入力とライン入力が可能な非常にコンパクトな機材ですが、iRigのようにアナログ接続するのではなく、DOCKにデジタル接続するというもの。

iPhone/iPadの標準マイク入力はやはり楽器用に作られたものではないため、それほど音質がよくなかったわけですが、デジタル入力なので、その辺はバッチリです。

POD 2.0を再現するMobile POD

POD 2.0を再現するMobile POD

しかも無料配布されるMobile PODというアプリが凄いんです。これ、LINE6のPOD 2.0をそのままアプリ化したというもので、POD 2.0でシミュレーションしているギターアンプ、キャビネット、ストンプエフェクタがすべて収録されており、ほぼ同じ音を再現。機能的にはさらに上になっていて、最大8つのエフェクタを並べて使うことができたり、iPod機能による音楽再生に合わせて弾くことができるなど、楽しさの面でもさらに向上しているのです。

これで実売価格8,400円前後なのですから、大ヒット製品になりそうな予感です。

【関連記事】
POD 2.0を再現するLINE6 Mobile In & Mobile POD
iPadやiPhoneがLINE6 PODになっちゃうぞ!ポイントは24bit/48kHz対応


GarageBand搭載のエフェクタ機能も秀逸

Garagebandに搭載されているアンプシミュレータ

Garagebandに搭載されているアンプシミュレータ

でも中には、「エフェクタのアプリをわざわざ単体で買わなくてもPCと同様にDAWの一機能として入手すればいいじゃないか」という人もいるでしょう。

そう、実はそうしたアプリも登場してきています。その代表格はなんといってもApple純正のDAW、Garagebandでしょう。ここにはレコーディング用の一機能としてGuitar Ampというものが搭載されており、各種ビンテージギターアンプをシミュレーションすることができます。

Garageband

10種類の中から4つのストンプエフェクタを利用可能

さらにファズやコンプ、コーラス、ディレイ……と10種類のストンプエフェクタが用意されていて、計4つまで組み合わせて使うことができますからね。そこで演奏した結果をそのままレコーディングまでできてしまうのですから、なかなか便利です。

さらに11月初旬にGaragebandはVer1.1へとアップデートされたたのですが、450円という安い価格はそのままにiPadだけでなくiPhone、iPod touchにも対応してしまったのですから、ちょっと驚きです。価格的に考えても、これを買わない手はないですよね。

【関連記事】
買わない理由はひとつもない、iPad用GarageBandのスゴイ完成度

AMPKITやiShredLIVEなどもいろいろある

AMPKIT

AMPKIT

もちろん、そのほかにもいろいろなエフェクタ・アプリが存在しています。たとえば、米Peavey ElectronicsはAMPKIT LiNKという、iRigのようなハードウェアを販売すると同時に、AMPKITというギターエフェクタのアプリをリリースしています。以前、このAMPKIT Linkを個人輸入したことはありましたが、現在ではちゃんと国内代理店が扱っているようです。もっとも、Mobile InやiRig、iXZと比較すると、音質的、性能的に見てイマイチだった印象ではありますが……。

同様に米Griffin TechnologyではGuitar Connection Cableというものを出しています。これは、iPhone/iPadのヘッドホン端子に接続するギター用のシールドなのですが、これも輸入して試したところ、まず見た目にダメダメでした。このGriffinではiShredLIVEという、ギターアンプシミュレータを出しています。

AMPKITもiShredLIVEもアプリのほうは無料ですし、プロテクトもかかっていないので試してみてもいいと思います。ただし、無料で用意されているエフェクトの数は少なく、追加する場合にはインストア課金という形式になっているので、気に入れば、ということで。
【関連記事】
iRig対抗のiPad用ギターコネクタ、AMPKIT LiNKを使ってみた


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。