お部屋を有効に使える折りたたみテーブル

さて、エクステンションテーブルにはバタフライ方式以外にもっとシンプルなタイプもあります。

■#04 REMO AD-004-T90  Folding table (レモAD-004-T90折り畳みテーブル)
2

                                                  引用:Table Design /六耀社,P25


エクステンションテーブルではなく、折りたたみ式のテーブル。畳んだ状態で床座の卓に・・・は、少々無理があるかもしれませんが、いかにも日本的な折りたたんで仕舞えるテーブルです。
そう、昭和の卓「卓袱台(ちゃぶだい)」が現代風ダイニングテーブルにデザインされています。ガスダンパーを使用した脚の畳む機構は、とてもスムーズ。大きさも手頃で、少々狭いお部屋でも「様」になるテーブルです。


D:瀬戸 昇   2004年
P:エーディーコア・ディバイズ 
M:天板/シナ単板  脚/メープル
S:w900 d900 h700
H:エーディーコア・ディバイズ  ¥129,150-


■#05 TAKA-HIKU  hight&low table (たかひく,ハイ&ローテーブル)
4

                引用:Table Design / 六耀社,P39


極めてシンプルな構造のテーブルです。
無垢の素材感が心地よく、理屈抜きに使いやすい。
天板にX型に組まれた脚を差込むだけの簡単な構造で出来ています。ダイニング用、座卓用の2ウェイなテーブルは、その用途に合わせて使い分けができる重宝なテーブルです。

D:望月一義  1975年    
P:駿河意匠
M:天板・脚/ナラ無垢材
S:w1800 d800 h680・300
H:駿河意匠    ¥225,750-



■#06 OSPITE  (オスピテ)
5

                 引用:Table Design /六耀社,P48



格納されているスライドパネルを引き出すことによるユニークなエクステンション機構。近未来的なテーブルは1927年にデザインされたときいて驚いてしまう。
デザインは、シャルロット・ペリアン。20世紀の巨匠建築家の元でファニチャーデザインの名作を生んだ女性デザイナーだ。
洗練された空間に似合う、使用目的とシャープな意匠が特徴のテーブルですね。

D:シュルロット・ペリアン  1927年 
P:カッシーナ
M:天板/PVC 脚/スチールパイプ
S:w1750~3000 d900 h745
H:カッシーナイクシー ¥1,008,000-


素材別のおすすめダイニングテーブル・・エクステンション編、いかがでしたか?
定番のバタフライ(蝶)方式、是非ともショップ等で実際にご覧になってください。友人知人をお宅にお呼びしてのパーティーシーンなどとても重宝なテーブルですね。もちろん、オフィスなど仕事空間での使用もありです。
ただしテーブルは、お部屋との関係(サイズや使い方、動線など)を考慮した上で選択することが重要です。広さや使用目的等に比べ少々狭く限られたお部屋での使用に発揮するエクステンションテーブルですが、他の家具の素材・色使いと合わせることもお忘れなく。


さて、次回はダイニングテーブルに続き、「リビングテーブル編」、オススメのリビングテーブルをご紹介します。


……………………………………………………………………………………………………
参考文献: Table Design /六耀社

■ 石川 尚の【インテリア・ノート】バックナンバー
01

 

テーブルの選び方 (6)
おすすめダインニングテーブル
素材編/ガラス・金属


 




o2

 

テーブルの選び方 (5)
おすすめダインニングテーブル
素材編/木材







03

 

テーブルの選び方 (4)
おすすめダインニングテーブル
デザイナーズ編







o4

 

テーブルの選び方 (3)
テーブルは暮らし方を表す









 
o5

 

テーブルの選び方 (2)
テーブルは触覚・触感を第一に









 
o6

 

テーブルの選び方 (1)
テーブルは空間のシンボル









☆不定期配信、暮らしのデザイン情報・デザインコラムをお送りしています!・・・『ファニチャーメルマガ』、登録(無料)はこちらから。
★ガイドのエピソードが満載のインタビューはこちらから!

☆掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

Copyright(c) 2011  イシカワデザイン事務所 (ISHIKAWA DESIGN OFFICE) All rights reserved





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。