「六味地黄丸」はどんな人・どんな症状にいいの?

image

子どもだけでなく、老化が気になるタイプなど、適応範囲が広い漢方

  • 下半身や生殖器の虚弱がある人に
  • 小児の成長発育不良に

「六味地黄丸」の効果 

疲れやすい、めまい、老化による腰痛、視力の衰え、耳鳴り、ひざや足の萎え、頻尿困難、多尿、寝汗、口の渇き、手足のほてり、糖尿病、精力減退のほか、体質虚弱な児童の補強などに。

「六味地黄丸」に入っているもの 

熟地黄(ゴマノハグサ科の肥大根)、山薬(ヤマノイモ科のナガイモの根茎)、山茱萸(ミズキ科サンシュユの果肉)、沢瀉(オモダカ科のサジオモダカの塊茎)、茯苓(サルノコシカケ科のマツホドの菌核)、牡丹皮(ボタン科のボタンの根皮)。

「六味地黄丸」が合わない人 

ほてりやのぼせなど、カラダに必要な水分が不足しているタイプには向いていますが、冷えが気になる場合は八味地黄丸や右帰丸のほうがベターです。なお、消化不良や下痢をしやすい場合、処方を加減したり合方するなどすると良いでしょう。

「六味地黄丸」の飲み方などの注意点 

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事をする1時間前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「六味地黄丸」の副作用 

胃腸虚弱、体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「六味地黄丸」が買える場所 

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • クラシエ 六味丸エキス顆粒 (クラシエ薬品)
  • ジュンコウ 六味地黄丸料FCエキス細粒 医療用 (大杉製薬)
  • ツムラ 六味丸エキス顆粒 医療用 (ツムラ) 
  • 同仁堂 六味地黄丸 (北京同仁堂)
  • マツウラ 六味丸細粒 (松浦漢方)

「六味地黄丸」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア> 

三補(熟地黄、山茱萸、山薬)、三瀉(沢瀉、牡丹皮、茯苓)がバランスよく配合された薬といえ、潤いすぎても停滞することもなく、利尿作用もあるけれど適度に収れん作用もあるので、比較的長期間服用しても問題が少ない処方のひとつといえます。

■具体的な生薬の効能
主薬の地黄が腎の機能を高めて血を補い、山薬・山茱萸が消化器系や肝の働きを補い、地黄の働きをサポートします。沢瀉・茯苓・牡丹皮で余計な水分を尿によって排出させ、沢瀉と牡丹皮はカラダにこもった余計な熱を冷ます働きがあります。

「六味地黄丸」のおまけのエピソード 

もともとは小児の五遅(立遅、行遅、髪遅、語遅、歯遅)などの成長不良に用いられた処方ですが、小児に限らず泌尿器系、生殖器系の衰えなどの腎の機能低下や、疲労によって起こる疲労感やむくみ、のぼせなどにも対応できる幅広い用途のある漢方です。

関連方剤も多く、地母と黄柏を加えて清熱作用がアップした知柏地黄丸、枸杞(クコの実)と菊花を加え目を滋養する働きを高めた杞菊地黄丸、喘息止めにいい五味子を加えた都気丸、その都気丸に、のどの乾燥を防ぐ麦門冬を加味した麦味地黄丸などがあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項